『GLOBAL2days WRESTLE UNIVERSE presents Global Honored Crown』後楽園ホール(2022年11月10日)
GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合 ○大原はじめ&近藤修司vs小峠篤司&吉岡世起×

 近藤&大原組が小峠&吉岡組を破ってGHCジュニアタッグ王座戴冠に成功。金剛ジュニアに念願の初のタイトルをもたらしたが、即座に小峠&吉岡組が王座奪回を主張し、リターンマッチが浮上した。

 メキシコ闘龍門時代の先輩・後輩の間柄だった近藤と大原が、反骨集団『金剛』コンビとしてノアのジュニアタッグ王座に挑戦。11・3沼津大会の前哨戦では、近藤がWRESTLE-1時代の後輩・吉岡からキングコングラリアット一撃でピンフォール勝ちをおさめ、「大原は両足を怪我してる。攻めれば100%勝てる」とあえて“弱点"までさらして、精神的にも揺さぶりをかけていた。

 大原はヒザをテーピングで固めて現れたものの、小峠&吉岡は手を付けず。序盤から近藤&大原が主導権を握り続けたが、王者コンビも中盤過ぎから巻き返して一進一退の展開に持ち込むや、吉岡も延髄斬りからのクロックストライクで大原を追い込んだ。

 吉岡は屈さぬ大原に、さらに鮮やかなカウンター・延髄斬りを叩き込んだものの、次の瞬間、近藤がキングコングラリアットをドンピシャリ。すかさず大原がムイビエンで吉岡を絞めに絞め上げてギブアップを奪ってみせた。

 近藤&大原組がGHCジュニア王座奪取に成功。ヘビー級では挑戦可能なすべてのノア内タイトルを獲得してきた『金剛』だが、ジュニア部隊は未戴冠が続いていた。老かいさを発揮した近藤と大原が、金剛ジュニアに念願の初タイトルをもたらした形となった。

 あす(11日)のノア&DRAGONGATE合同興行にも王者としての出場が決定。足を引きずりながら花道を下がった大原は「すげぇ試合中めちゃめちゃサポートしてもらった近藤さんのおかげで勝てたようなもん」と先輩の相棒に感謝し、多くを語らぬ近藤に代わって「本当に相変わらず甘くて苦いマーマレードみたいな先輩。これからの二人にご期待ください」と予告した。

 一方で足を攻めぬまま王座を失った形となった小峠は、「こんなとこでまだまだベルト落としてるわけにはいけへんのや。もう一回! リマッチさせてくれ。俺たちにはそのベルト絶対に必要なんや! 絶対に必要なんや!」と即座にリターンマッチを要求。大原も「やりたいんだったらやってやるよ。特に小峠と吉岡は大歓迎だよ」と受けて立つ構えをみせた。


【試合後の近藤&大原】
▼近藤「最後いろいろ言ったけど、全部こいつの判断に任せるよ。俺にとってはただの飾りだから」

▼大原「やりたいんだったらやってやるよ。特に小峠と吉岡は大歓迎だよ。ちょっときつかったけど、確かにきつかったよ。でもな、どんなピンチの時も絶対あきらめない。それがポリシーだ。昨日のチャンピオンより俺たちチャンピオンの方が気になるだろ? 明日もあるんで、DRAGONGATEとの戦いが。そこで俺がベルトを持ってる意味ってのはでかいと思うよ」

▼近藤「お前、DRAGONGATEに何かあんだろ? 腹に抱えてるもの」

▼大原「もちろん、ありますよ、そりゃ」

▼近藤「だったら明日やったれよ」

▼大原「このベルト持って明日DRAGONGATEのヤツらとやってやるからな。そして俺は近藤さんとこれからの未来もまだまだ続けていきたいから頑張りますよ俺は」

▼近藤「プッシュアップ1時間な」

▼大原「はい、頑張ります。(近藤が去ると)試合後も言いました。すげぇ試合中めちゃめちゃサポートしてもらった近藤さんのおかげで勝てたようなもんで。それは分かってるよ。試合後も蹴り飛ばされたし、プッシュアップまたやらされるし。だけど、そうやって俺のこと考えてやってくれてる。本当に相変わらず甘くて苦いマーマレードみたいな先輩です。これからの二人にご期待ください」

【小峠の話】「あぁ、クソ! あぁ、チクショー。いやいや、いやいや、これからなんや俺は。こんなとこでまだまだベルト落としてるわけにはいけへんのや。新チャンピオンチーム大原&近藤、もう一回、もう一回、もう一回! リマッチさせてくれ。俺たちにはそのベルト絶対に必要なんや! 絶対に必要なんや! もう一回、頼みます。頼みます! もう一回やらせてくれ!」