『GLOBAL2days WRESTLE UNIVERSE presents GLOBAL DREAM』後楽園ホール(2022年11月11日)
○YAMATOvs吉岡世起×

 YAMATOが非情がヒザ攻めからのギャラリアで吉岡を撃破。試合後、吉岡の実力を認めたYAMATOは「あいつ、デカくなるよ必ず。デカくなったらよ、もう一回、俺とやろうぜ」と呼びかけた。

 吉岡がファン時代から「DRAGONGATEの象徴」として見ていたYAMATOとの対戦を熱望し、合同興行で一騎打ちが実現した。YAMATOはDRAGONGATEの11・5大阪大会でドリームゲート王座獲りに失敗。吉岡も前夜の後楽園大会でGHCジュニアタッグ王座から陥落しており、奇しくも互いに再起を狙う状況での一戦となった。

 スピードと鋭い蹴りを活かして吉岡が先手。ロケットキックでYAMATOを場外に蹴散らす。しかし、YAMATOはリング下から反対側のエプロンに回り込み、背後から急襲。タイトル戦線で執ように痛めつけられてきた吉岡の右ヒザに照準を合わせて、非情な一点集中攻撃を仕掛けた。「楽な試合だぜ」などと言葉でも挑発する。吉岡も必死に反撃するが、YAMATOのヒザ攻めは止まらず、張りつけ式や雪崩式でドラゴンスクリューを決めていく。

 それでも吉岡はクロックストライクで決死の反撃。ヒザの痛みをこらえながら左右のミドルキックを乱射した。得意のバズソーキックは不発に終わるも、トラースキックで顔面を射抜く。

 しかし、余力を残すYAMATOは全知全能のフランケンシュタイナーで逆転。スリーパーでガッチリと絞め上げてから垂直落下式ブレーンバスターで突き刺す。吉岡は必死に肩を上げたものの、YAMATOはギャラリアでダメ押しし、3カウントを奪った。

 試合後、髪の毛を掴んでにらみつけてきた吉岡を称えたYAMATOは、バックステージでも「吉岡世起。やるじゃねえか。俺は正直ナメてたよ。どこの馬の骨かも俺は知らなかったからな。でも大したもんだよ」と高評価。「あいつ、デカくなるよ必ず。デカくなったらよ、もう一回、俺とやろうぜ。俺がぶっ潰してやるから」とメッセージを送った。

【YAMATOの話】「吉岡、吉岡世起。やるじゃねえか。俺は正直ナメてたよ。どこの馬の骨かも俺は知らなかったからな。でも大したもんだよ。あいつ大したもんだよ。この俺に全く遠慮なかったからな。あいつ大したもんだよ。あいつ、デカくなるよ必ず。デカくなったらよ、もう一回、俺とやろうぜ。俺がぶっ潰してやるから。サンキュー!」