『GLOBAL2days WRESTLE UNIVERSE presents GLOBAL DREAM』後楽園ホール(2022年11月11日)
○拳王&箕浦康太vs吉岡勇紀&清宮海斗×

 史上初となるノア&DRAGONGATE合同興行が行われ、メインイベントでは元日武道館でのGHCヘビー挑戦が決まった拳王が、ドラゲーの箕浦とともに王者・清宮を“炎輪"で完全粉砕。両団体の若き王者コンビを破って“主役"を強奪し、清宮に強烈な先制パンチを叩き込んだ。

 合同興行のメインでは、GHCヘビー級王者・清宮とオープン・ザ・ドリームゲート王者・吉岡による“若き王者コンビ"が実現。元日武道館への前哨戦第1ラウンドとなった清宮と拳王が激しく火花を散らし、そこに吉岡と箕浦の負けん気と誇りも加わって試合は熱を帯びた。

 中盤には清宮&吉岡がダブル・トペ発射に成功。吉岡も拳王のミドルキックやビンタといった猛打を真っ向から受け止め、吉岡のダイブ式飛びつきコードブレーカー→清宮のジャーマンの合体攻撃も繰り出してみせた。

 だが、清宮のシャイニング・ウィザードを阻んだ拳王は、吉岡との誤爆も誘うと、すかさず箕浦がエクスプロイダーで清宮を投げ飛ばして援護。続けざまに箕浦のR-301(旋回式ファルコンアロー)→拳王PFSの波状攻撃に成功だ。清宮もかろうじ肩を上げてみせたものの、コーナー最上段に上がった拳王は奥の手の炎輪(ムーンサルト式ダブルニードロップ)を完璧に決めて清宮から3カウントを奪ってみせた。

 合同興行メインで完全勝利をおさめ、元日武道館へ強烈先制打。挑戦表明時には「お前は頑張ってる“だけ"。何も創れてない」とコキ下ろしていたが、この日もマイクで「清宮! 昨日、30分超えのタイトルマッチの次の日によく頑張りましたね。早く控室に帰って皆様に労いの言葉でももらって自己満足に浸ってくれよ。今日はお疲れ様でした。よく頑張りました〜」と嫌味たっぷりに言い放った。

 一方で相棒・箕浦を絶賛。「箕浦、めちゃくちゃいい選手じゃねえか。DRAGONGATEの未来かもしれねえ。いつか俺の手を借りたかったら、DRAGONGATEにいつでも呼んでくれ」とまで持ちかけ、箕浦も「こんなところで終わるつもりはないんで。ドラゲーのテッペンを取るつもりなんで、また組むことがあったらよろしくお願いします」と応じた。

 「ベリーキュートじゃん!」とさらに箕浦を気に入った拳王は、「これからはDRAGONGATEとノアを引っ張る、ベリーキュートな箕浦、そして拳王…この俺に…………ついてこいっ」といつも以上にたっぷりと“溜め"を利かせつつ、史上初のノア&DRAGONGATE合同興行を締めくくってみせた。


【試合後の拳王&箕浦】

▼拳王「見ただろ、おい! 清宮のことはまあな、昨日タイトルマッチのあとだから、まあ頑張ったんでしょ? それでいいよ。頑張った。以上。それだけでいい。その話はさておき、今日はDRAGONGATEとの興行、俺も試合前からいろいろ、そして試合も見てきたけど、一番イキのいい、めちゃめちゃいい選手いただろ? それはな、チャンピオンの吉岡じゃない。今、隣にいる箕浦だ。箕浦はな、見ただろ? あの魂。清宮にもない、吉岡にもない、箕浦だけ持ってるものがあるだろ? いいか、おい。箕浦が今後、DRAGONGATEで俺の手を借りたかったら、いつでも行くからな。今日はどうも箕浦ありがとう」

▼箕浦「ありがとうございます」

※二人が握手

▼拳王「あとはいろいろしゃべってください。このイキのいい、そしてベリーキュートな箕浦選手の話どうぞ」

※拳王は去る

▼箕浦「拳王選手が言ったように、ノアのリングかウチのリングかわからないですけど、組む時があれば、またぜひ組んで戦いたいと思います。それと、俺はこんなところで腐る男じゃないんで、必ずDRAGONGATEのテッペン獲ります。そして今日見に来たノアファンの皆さん、興味があれば後楽園、ぜひご来場お待ちしております」