『2022世界最強タッグ決定リーグ戦』東京・後楽園ホール(2022年11月13日)
「2022世界最強タッグ決定リーグ戦」公式戦 ○諏訪魔&KONOvs野村卓矢&宮原健斗×

 全日本暮れの風物詩・最強タッグが開幕。世界タッグ王者・諏訪魔&KONOが“ミヤケンとタクヤ"宮原&野村を粉砕して初戦白星。タッグダブル制覇へ向けて始動し、「これからも俺らチャンピオンとして全員、地獄へ堕としてやる!」と宣言した。

 この日、最強タッグが開幕。今年は全8チームが出場しての総当たりリーグ戦で、諏訪魔&KONOは世界タッグ王者としての優勝を狙っている。対するは宮原&野村の越境タッグ“ミヤケンとタクヤ"。ツイッターでフォローし合い、ブラックアウトとランニングローキックのサンドイッチ攻撃「フォローバック」も考案していた。

 宮原と野村は二人で三々七拍子を叩き、互いの頬を張り合ってから握手して絆をアピールした。が、野村の張り手が宮原に誤爆し、流れはVMコンビに。TARUも介入して宮原をいたぶると、諏訪魔とKONOが二人がかりで暴行した。

 それでも野村が打撃の雨を降らせ、ミドルキックを乱射したが、満を持して繰り出したフォローバックが同士討ちに終わってしまう。逆に諏訪魔がダブルチョップ、KONOがニーリフトを交互に連打して宮原を拷問。諏訪魔はスリーパーで絞め上げ、ダブルチョップ、ラリアットを叩き込んだ。

 宮原のピンチに野村が飛び込み、ジャーマンでKONOを撃退すると、三々七拍子で宮原を鼓舞。すると最高男も息を吹き返し、フォローバックが諏訪魔にさく裂した。勝機を引き寄せた宮原はすかさずシャットダウンの構えに入ったものの諏訪魔が決めさせず。ショートレンジラリアットを乱打すると、スタンドブラックアウトで応戦する宮原をKONOがネックハンギングボム、ジャイアントニードロップで鎮圧。すかさず諏訪魔がバックドロップを3連発して宮原を沈めた。

 諏訪魔&KONOがまんまとミヤケンとタクヤを軍門に下らせて白星発進。タッグW制覇へ向けて最高の形で始動した。これには諏訪魔も「宮原&野村卓矢、あいつら今、地獄に堕としてやったよ」と笑いが止まらず。「完全制覇に向けて、いい発進したんじゃねえか」と手応えも申し分なしで、「みんな全員地獄に堕としてやるからな、お前ら。生ぬるいことやってんじゃねえぞ、このヤロー」と吠えまくった。

 パートナーのKONOは「俺が最初に最強タッグ出た時(2009年)のパートナーだからな。昔をさかのれば。だけど、実績としては準優勝かな」と回想しつつ、「今回は優勝しかねえな」とキッパリ。「チャンピオンで優勝したら、全日本プロレス、俺たちの要求のんでくれよ。発言権あんだろ?」と今から宣言すると、諏訪魔も「好き勝手やったほうがいいよ。やったもん勝ちなんだ、全日本プロレスは」と説得力十分の言葉で後押ししていた。

【試合後の諏訪魔&KONO】
▼諏訪魔「おお! 見ただろ、お前。俺らがチャンピオンだ! 見たろ。チャンピオンらしい試合だな」

▼KONO「正々堂々と」

▼諏訪魔「完勝だよ。何も文句のつけようがねえよ。何なんだ、あいつらよ。気持ち悪いよ、あいつら。何なんだ? まあ、いいよ。これでよ、まず勝ち点取ったんだから」

▼KONO「幸先がいい」

▼諏訪魔「完全制覇に向けて、いい発進したんじゃねえか。みんな全員地獄に堕としてやるからな、お前ら。生ぬるいことやってんじゃねえぞ、コノヤロー。助けられたよね」

▼KONO「いやいや」

▼諏訪魔「悪い。あれは本当にありがたい」

▼KONO「全然いいよ。でもね、言っても俺が最初に最強タッグ出た時(2009年)のパートナーだからな。昔をさかのれば」

▼諏訪魔「記憶にないなあ」

▼KONO「だけど、実績としては準優勝かな。今回は優勝しかねえな。チャンピオンで優勝したら、全日本プロレス、俺たちの要求のんでくれよ。発言権あんだろ? チャンピオンで優勝すれば。そこだけだよ。注文つけるから、全日本プロレス」

▼諏訪魔「いいよいいよ、どんどん言ったほうがいいよ。自由なんだ、全日本プロレスは、お前」

▼KONO「やらしてもらうよ」

▼諏訪魔「好き勝手やったほうがいいよ。やったもん勝ちなんだ、全日本プロレスは。そうだろ?」

▼KONO「よし。やろう」

▼諏訪魔「よし、やろう」

【試合後の宮原&野村】
▼宮原「すまん!」

▼野村「いや。クソ。言いたい放題言いやがって、アノヤロー。マジで悔しい。マジで悔しいですよ。絶対やり返してやる」

▼宮原「すまん」

▼野村「いやいや、謝らないでください」

▼宮原「いくぞ。ただ、今日がスタートだ」

▼野村「今日がスタート。今日合わなかった息も2戦目3戦目、どんどん息を合わしていくから俺は」

▼宮原「任せておけ。絶対優勝するぞ」

▼野村「絶対優勝してやる」

▼宮原「宮原健斗と卓矢が優勝する。いくぞ」

▼野村「絶対優勝してやる!」