『D王 GRAND PRIX 2022 in Osaka』が12日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で行われ、遠藤哲哉が136キロの巨漢・RSP(リッキー・シェイン・ペイジ)を破ってAブロック単独首位に躍り出た。

 遠藤はここまで1勝1敗1分で勝ち点3。4戦目となったこの日は今年のD王GP出場選手中、最重量となる136キロのRSPと対決した。重量感あふれる攻撃に手を焼いた遠藤だったが、チョークスラムをかわしてドラゴンスクリューを決めると、オーバーヘッドキック、ヘッドバット、トラースキックと怒とうの攻め。さらに旋回式トーチャーラックボムで巨体を叩きつけると、バーニングスター・プレスを決めて3カウントを奪った。

 遠藤が2勝目を挙げ、勝ち点5をマーク。Aブロック単独トップに浮上し、「これで優勝決まったようなもんでしょ」と手応えをつかんだ。「リッキー、かわいい顔してえげつないことやる。ヘビー級との戦いは熟知してるつもり。機会があれば何度でも当たりたい相手」とRSPを称えた遠藤の次戦は11・18後楽園大会の吉村直巳戦。「シングルでは一昨年のリーグで戦って俺が勝ってるんで、彼がどれだけ成長したか。後楽園は俺が勝ってAブロック通過。Bブロック誰が来ても優勝します」と宣言してみせた。

 今大会を迎えた時点でジョーイ・ジャネラ、RSPと首位に並んでいた上野勇希は同期・吉村と対戦。雪崩式フランケンシュタイナー、フロッグスプラッシュ、ブリザード・スープレックスで攻め込んだが、吉村もチョークスラム、払腰、ラリアットで応戦して譲らず。一進一退の攻防が続く中、20分過ぎ、上野が飛びつき式フランケンシュタイナー、ハーフネルソン・スープレックスで猛攻に出た。

 しのいだ吉村も上野の新技ローリング・ギロチン式エースクラッシャーを阻止し、パワーボム、ラリアットで一気に逆転。最後はOsaka Pride2連発で3カウントを奪い、熱戦に終止符を打った。

 吉村が3戦目でようやく初白星。かろうじて優勝圏内に踏みとどまった。「やっと1勝。今回も俺の勝ちや。いつも苦しい、しんどい。いつ負けるか分かれへん。一番怖い相手で一番怖い試合かもしれない。けど、今のところシングルでは負けなし」と胸を張った吉村は「D王、まだ生き残ってる、明日の佐々木大輔、(11・18)後楽園の遠藤さん、この2つ勝てば、決勝に行く目は残ってる。泥臭くても汚くてもカッコ悪くても俺は勝ちをつかみにいきますよ」と上位食いを誓いつつ、優勝への執念をむき出しにしていた。

 一方、上野は吉村からのシングル初勝利ならず。「大阪で吉村とメインで出し切るぐらいの試合をして。負けて、悔しくないわけがない。吉村になかなか勝てない。体のサイズも違って、年だけ一緒で、同じくらいプロレスやってて、それでも勝てない。悔しい」と唇を噛んだが、「次(11・18後楽園)は佐々木さん、どうにかして勝って、優勝という目標は変わらない。僕がDDTを背負う気持ちは一番強いから。どんなことしても、佐々木さんに絶対勝ってD王優勝します」と前を向いた。

 ここまで1敗1分と未勝利だった佐々木大輔はジャネラと激突。イスチャンバラから頭部を殴打し合うと、ジャネラがイス盛り上でのパイルドライバーを敢行し、佐々木の体の上にイスを置いてのダイビング・フットスタンプを見舞った。

 しのいだ佐々木はブレーンバスターでジャネラを場外に向けて投げる荒技で逆襲した。ジャネラが雪崩式ブレーンバスターで応戦しても、レフェリーが昏倒しているスキに佐々木が急所蹴りをお見舞い。ジャネラが急所蹴りでやり返して倒れ込んだ佐々木だったが、再び急所を蹴りつけると、変型サムソンクラッチで丸め込んで3カウントを奪った。

 ヒール対決を制した佐々木は3戦目にしてリーグ戦初勝利。勝ち点を3とし、優勝争いに生き残った。「佐々木大輔のD王が帰ってきた。ジャネラ、お前が俺を蘇らせた。あいつが米国のキ〇ガイか、キ〇ガイは大好物だ」と逆襲を宣言した佐々木の次戦は11・13京都大会の吉村戦。「全然楽しみじゃねぇな。とっとと終わらせる」と予告した。

 大阪大会を終えて、Aブロックは遠藤が5点でトップ。上野、ジャネラ、RSPが4点、佐々木が3点、吉村が2点で追う状況となった。