『2022世界最強タッグ決定リーグ戦』岩手・サンレック北上(2022年11月19日)
「2022世界最強タッグ決定リーグ戦」公式戦 ○宮原健斗&野村卓矢vs土肥こうじ&羆嵐×

 宮原&野村のミヤケンとタクヤが土肥羆を熱戦の末に破り、最強タッグ2戦目にして初白星をもぎ取った。

 これまでタッグを組むたびに微妙な関係にあった宮原と野村だが、最強タッグ出場に際し、ツイッターでフォローし合い、タッグチーム名もミヤケンとタクヤ(宮原命名)に決まった。そして宮原のブラックアウトと野村のサッカーボールキックのサンドイッチ攻撃「フォローバック」を携え、最強タッグに臨んだ。

 ミヤケンとタクヤは初戦で世界タッグ王者・諏訪魔&KONOに敗北。続く2戦目となったこの日、土肥羆と激突した。試合は白熱の好勝負となったが、宮原と野村はタッグ歴に勝る土肥羆に苦戦。序盤こそ土肥にフロントハイキックを立て続けに見舞う連続攻撃を決めたが、宮原が劣勢となり、ダブルタックル、ギロチンドロップ&セントーンの同時投下と土肥羆連係に捕まった。

 それでも野村が土肥羆の同士討ちを誘い、羆嵐の巨体をジャーマンで投げたり、土肥にミドルキックの速射砲を浴びせたりと巻き返した。が、宮原が羆嵐のアルゼンチンに捕まり、野村も土肥のアルゼンチンでカットを阻まれて再び劣勢に。そのままバックフリップで叩きつけられた二人はフォローバックで逆転を狙っても同士討ちとなり、宮原が羆嵐のダイビングセントーンを食らって敗戦ムードが立ち込めた。

 終盤、4人が入り乱れる激しい混戦模様を経て、羆嵐のフライングボディアタックを食らった宮原だったが、ダイビングセントーンを自爆させて突破口を見出した。すかさず野村とのフォローバックをさく裂。野村が土肥をアンクルホールドで分断すると、宮原がシャットダウン・スープレックス・ホールドで羆嵐の巨体を引っこ抜いて3カウントを奪った。

 ミヤケンとタクヤが土肥羆を熱戦の末に撃破し、2戦目で最強タッグ初白星を挙げた。続く3戦目は明日11・20那須大会の芦野&本田戦。前世界タッグ王者撃破で白星先行とし、勢いを加速させたいところだ。「1勝獲ったぞ、1勝! ようやく1勝目だ。卓矢、最高の1勝目じゃねぇか」と吠えまくった宮原は北上のファンの強烈な後押しを実感。それが全国区であることを確信し、「さぁ、明日は那須だ。芦野祥太郎、本田竜輝、前タッグ王者。那須の皆様はどちらを支持するかな」と不敵な笑み。野村も「2連勝するぞ、2連勝!」と気勢を上げていた。

【試合後の宮原&野村】
▼宮原「おい! 卓矢! 1勝獲ったぞ、1勝! ようやく1勝目だ。卓矢、最高の1勝目じゃねぇか」

▼野村「最高の1勝」

▼宮原「岩手の皆さんの声援聞いただろ。ミヤケンとタクヤの後押しが凄まじいな。さぁ、明日は那須だ。芦野祥太郎、本田竜輝、前タッグ王者。那須の皆様はどちらを支持するかな」

▼野村「2連勝するぞ、2連勝!」

▼宮原「今日、俺たちは北上で結果残した。ありがとう北上」

▼野村「いきましょう! 宮原さん、ずっとしゃべってた。ホントに疲れた。明日も頑張ります!」


【試合後の土肥&羆嵐】
▼土肥「あぁチクショー!」

▼羆嵐「健斗…」

▼土肥「おい、ミヤケン!」

▼羆嵐「チクショー、あいつ。引きずり込まれた、あいつのワールドによ」

▼土肥「マジ悔しいね、今日は。純粋なプロレスリングの負けだよ。1戦目、2戦目、俺らメチャメチャモヤモヤ溜まってたんだよ」

※突然、照明が落ちて

▼土肥「暗くなったぞ!」

▼羆嵐「仕掛けんなよ、俺らの時だけよ」

▼土肥「仕掛けられてんな。今日、岩手の照明も俺らの味方じゃなかったな」

▼羆嵐「俺ら敵ばっかりだな」

▼土肥「まだまだ俺たち公式戦、盛り返す。期待しといてくれ。ハァー!」