『2022世界最強タッグ決定リーグ戦』栃木・ホテルエピナール那須(2022年11月20日)
「2022世界最強タッグ決定リーグ戦」公式戦 ○芦野祥太郎&本田竜輝vs野村卓矢&宮原健斗×

 芦野が三冠王者・宮原からタップを奪取し、GUNGNIR OF ANARCHYが2勝目を挙げた。

 前世界タッグ王者の芦野&本田はここまで2戦を消化し、1勝1敗。3戦目となったこの日、宮原&野村と対決した。

 試合は一進一退の攻防戦が繰り広げられた。本田がエルボー、野村がミドルキックを激しく打ち合い、本田がスピアーでなぎ倒せば、野村もブレーンバスターで投げて譲らず。芦野は宮原に攻勢を許したが、フォローバックを同士討ちさせると、宮原が痛めた左足をアンクルロックで絞め上げて勝機を作った。

 本田も野村をジャーマンで投げて撃退する好フォロー。芦野がジャーマンから再びアンクルロックで宮原を捕らえた。野村にカットされると、フォローバックを食らった芦野はブラックアウトを連射されたが、シャットダウンは決めさせず。アンクルロックで切り返すと、もがきにもがく宮原を両足で挟んで逃さず。ギブアップに追い込んだ。

 芦野&本田が2勝目をもぎ取り、勝ち点4をマーク。首位の石川&サイラスを2点差で追う状況となった。しかも芦野は諏訪魔に続き、今度は三冠王者・宮原からタップを奪取。「二人とも全日本のエースだよな。元エースにしてやるか。俺たちがタッグでもシングルでもいくらでもやってやるよ」と勝ち誇った芦野は「今日来てたお客さん、ほとんど宮原ファンなんじゃないの? 関係ないね。宮原ファンなんてよ、泣き叫びながら帰してやる。これからも」と再現の継続を宣言した。

 次戦は11・23名古屋大会。ジェイク&青柳との対戦を控える。「ジェイクもよ、何考えてるかわかんねぇけどよ、青柳に毒されてるな。青柳は青柳でやってりゃいいんだよ。ジェイク、お前の目を覚まさせてやるからよ」と通告した芦野は「ガッチリあいつらから勝ち点奪って、このまま優勝だ」と気勢を上げていた。

【試合後の芦野&本田】
▼芦野「よっしゃあ! 俺たちが勝ったぞ。本田ナイス。危なかったよ。お前のスピアーに助けられたよ。あいつらがいろいろツイッターでハッシュタグだのなんだのやってるけど、一番大切なのはリング上でしょう。今日来てたお客さん、ほとんど宮原ファンなんじゃないの? 関係ないね。宮原ファンなんてよ、泣き叫びながら帰してやる。これからも」

▼本田「そうだな」

▼芦野「そして諏訪魔、宮原。二人とも全日本のエースだよな。元エースにしてやるか。俺たちがタッグでもシングルでもいくらでもやってやるよ。次は青柳、ジェイクなんだよ」

▼本田「名古屋だな」

▼芦野「俺、名古屋で一回も負けたことないんだよ。精神的にね。精神的に負けたこと一回もないから。ジェイクもよ、何考えてるかわかんねぇけどよ、青柳に毒されてるな。青柳は青柳でやってりゃいいんだよ。ジェイク、お前の目を覚まさせてやるからよ。ヘラヘラしてねぇでよ…こいつのヘラヘラはいいんだよ。ジェイク、お前のヘラヘラが問題なんだよ。全日本プロレスにお前のヘラヘラしてる顔、必要ねぇんだよ。真剣勝負だ、名古屋。ガッチリあいつらから勝ち点奪って、このまま優勝だ」

▼本田「よっしゃ。やってやろうぜ」

▼芦野「ステーキハウス寿楽のステーキ食べて帰ろうかな」


【試合後の宮原&野村】
▼宮原「しゃあ!」

▼野村「クソ! 宮原さん、ミヤケン、大丈夫か?」

▼宮原「やられた…」

▼野村「俺たちがやり返すリストに新しく芦野、本田加わりましたよ。ミヤケン大丈夫?」

▼宮原「いこうぜ。今日は1勝2敗だ。クソ。結果が付いてこない」

▼野村「昨日勝って残り全勝っつったのに、もう負けちまった」

▼宮原「切り替えようぜ」

▼野村「切り替えよう。人間負けてから強くなるんだよ」

▼宮原「名古屋! スーパールーキー、スーパールーキーさんよ、初遭遇だな。安齊勇馬、お前は紛れもなくスーパールーキーだ。俺から見てもそう見えるよ。名古屋、スーパールーキー初遭遇、楽しみにしてるよ」

▼野村「よっしゃ、安齊ケチョンケチョンにしましょう」

▼宮原「すまん」