コネチカット州ハートフォードのXLセンターで行われたスマックダウンが日本時間20日、配信され、『サバイバー・シリーズ』でザ・ブラッドライン(BL/ローマン・レインズ&ウーソズ&ソロ・シコア&サミ・ゼイン)とドリュー・マッキンタイア&ブロウイング・ブルーツの男子ウォーゲームズ戦が決定し、マッキンタイア軍“5人目のメンバー"ケビン・オーエンズがスタナーでレインズを沈めた。

 先週、BLと大乱闘となったマッキンタイア&ブロウイング・ブルーツ(シェイマス&リッジ・ホランド&ブッチ)がオープニングに登場。シェイマスが「俺とマッキンタイアは20年間のライバルだからこそ、お互いリスペクトがある」と敬意を示せば、マッキンタイアも「一緒に戦争に行こうぜ! ブラザー」と男子ウォーゲームズ戦へ向けて意気投合した。

 だがマッキンタイア&ブロウイング・ブルーツは合わせて4人。5人目のメンバーに話が移ったところで、BLの“名誉兄弟"ゼインが登場し、「お前らの5人目なんて気にしていない。BLが勝つに決まっているんだ」と挑発。メインのSDワールドカップ1回戦でブッチと対戦した。

 セコンド同士が乱闘になったスキにブッチがビターエンドで勝利。ゼインは1回戦敗退となった。試合後、BLが襲いかかって両チームが入り乱れての乱闘に発展。そこへ“トライバルチーフ"レインズ(with ポール・ヘイマン)が登場し、ホランド、ブッチを次々に蹴散らし、マッキンタイアにスピアーを叩き込んだ。

 レインズはシェイマスにもスーパーマンパンチを浴びせたが、ここで“5人目のメンバー"としてオーエンズが現れ、ゼインと対峙した。レインズはそのスキを突いて攻撃を仕掛けたが、逆にオーエンズがスタナーで返り討ち。レインズは大の字となる醜態を晒した。

 5対5男子ウォーゲームズ戦が行われる『サバイバー・シリーズ:ウォーゲームズ』は日本時間11月27日にWWEネットワークで配信される。