『2022世界最強タッグ決定リーグ戦』愛知・名古屋国際会議場(2022年11月23日)
「2022世界最強タッグ決定リーグ戦」公式戦 ○永田裕志&安齊勇馬vs宮原健斗&野村卓矢×

 永田&安齊が3勝目で優勝圏内を死守。宮原&野村は痛恨の3敗目を喫した。

 永田&安齊はここまで1勝3敗と黒星先行。この日、宮原&野村との5戦目に臨んだ。もし負ければ自力優勝が消滅する状況だった。

 今宵も安齊の奮闘ぶりが目を引いた。宮原相手にエルボーで先制し、野村には永田とのダブルショルダーアームブリーカーをさく裂。場外戦ではヘッドバットで返り討ちにされたものの、宮原にエルボーを果敢に連発し、野村相手に劣勢となってもブレーンバスター合戦を制して自力で脱してみせた。

 その後も安齊は宮原相手にエルボー合戦に競り勝ち、フロントスープレックスでぶん投げた。串刺しブラックアウトを食らっても、ジャーマン、ミサイルキックで応戦。次の瞬間、ブラックアウトで逆襲されたものの、三冠王者を相手に互角に近い攻防を繰り広げてみせた。

 その後、永田と野村が激しい打撃戦を展開。野村がキャプチュードで投げれば、永田もエクスプロイダーでやり返す。安齊も再び宮原とのエルボー合戦を制し、ダブルアームスープレックスをさく裂。ミヤケンとタクヤもフォローバックを永田に決め、野村がランニングローキック、ジャーマンと攻め立てたが、安齊が宮原を分断する好フォロー。すかさず永田が垂直落下式ブレーンバスター、バックドロップとたたみかけ、最後はバックドロップホールドで野村を仕留めた。

 永田&安齊が最強タッグ2勝目を挙げ、勝ち点4をマーク。最後は永田の「1、2、3、ゼアッ!」の叫びとともに二人で敬礼ポーズを決め、名古屋大会を締めた。永田もやはり安齊の進化を実感。「安齊が試合するごとに打たれ強くなってる。そういうのが見えますね」と評し、「安齊が本当に戦うごとに成長してるんで、それを傍目に見ながら、パートナーも対戦相手もイキがいいとこっちが血がみなぎってくる、たぎってくる」と自身の刺激にもなっている。

 安齊も「ずっと負け続きで、勝ててとにかくうれしいです。残り2戦、必死に戦ってまた勝ちにいきます」と誓うばかり。そこで今度は安齊の自力勝利にも期待がかかるところ。永田も「そこはなかなか難しいところあるんでね。どうしても勝ちに徹しちゃうと俺が入ってしまって」とはしながらも、「もしかしたら今シリーズ、それができたらいいなと」とその可能性を感じつつ期待していた。

 残る公式戦は12・4大阪大会のジェイク&青柳戦、12・7後楽園大会の諏訪魔&KONO戦の2試合。「ただのジジイじゃねぇぞ俺はと。もっとガンガンこいと。過去、このキャリア30年の中でもっと強烈なビンタ、蹴り、投げ、食らいまくってきたからね。そういう部分じゃまだまだ負けないよ。そんじゃそこらのジジイとは違うよ」と豪語する永田と、日々成長を遂げる安齊は優勝目指して連勝あるのみだ。

 対するミヤケンとノムタクは痛恨の3敗目。不振にあえぐ状況を打破できずにいる。公式戦は残り3試合で次戦は11・27藤沢大会のジェイク&青柳戦。これに勝利できなければ自力優勝が消滅する。「どうしたらいいんだ?」(宮原)、「何かが足りねぇ。何が足りねぇんだ? わかんねぇ」(野村)と頭を抱えた二人だが、前向きさは失っていない。「優勝圏内ではあるんだ、タクヤ。次の藤沢で取り返そうぜ、タクヤ」と宮原が鼓舞するように呼びかけると、野村も「やってやる! 吹っ切れた! やってやるぞバカヤロー!」と力強く呼応していた。

【試合後の永田&安齊】
▼永田「まぁ、ようやく2勝目だね。開幕は良かったんだけど、3連敗から2勝目。安齊が試合するごとに打たれ強くなってる。そういうのが見えますね。決定打はたまにちらほら見えるけど、そういうの抜きにやっぱりいい部分が出てるし、大きな体にまだ細いけど、背が高いから中にあるパワーってのはけた違いですよ。全日本プロレスの名古屋大会は俺にとってゲンがいいというか、分がいいかなって感じですね。安齊が本当に戦うごとに成長してるんで、それを傍目に見ながら、パートナーも対戦相手もイキがいいとこっちが血がみなぎってくる、たぎってくるんでね。今日は快勝できてよかった。どうもありがとう。思いの丈を」

▼安齊「ずっと負け続きで、勝ててとにかくうれしいです。残り2戦、必死に戦ってまた勝ちにいきます。ありがとうございました」

――安齊選手が獲る姿も期待できそう?

▼永田「そこはなかなか難しいところあるんでね。どうしても勝ちに徹しちゃうと俺が入ってしまって。もしかしたら今シリーズ、それができたらいいなと。公式戦はあと2戦。ジェイクと青柳、あとは…」

▼安齊「諏訪魔…」

▼永田「嫌なチームだけどな。最善を尽くします。化ける化けないは本人次第。ただ、今見てるともしかしたらって思いはするけど、こればっかりはわからない。逆に伸びてるのを周りが察知して、より厳しくくるというのもありますね。一戦一戦、成長してるから他の選手にとって安齊は脅威だと思ってると思いますよ。まぁ、今シリーズ、俺をジジイ呼ばわりする連中がたくさんいるけど、バカヤロー、ただのジジイじゃねぇぞ俺はと。もっとガンガンこいと。過去、このキャリア30年の中でもっと強烈なビンタ、蹴り、投げ、食らいまくってきたからね。そういう部分じゃまだまだ負けないよ。そんじゃそこらのジジイとは違うよ。また次、頑張ろう」

▼安齊「ありがとうございました」


【試合後の宮原&野村】
▼宮原「タクヤ!」

▼野村「ミヤケン! 俺たちの何がいけねぇんだよ?」

▼宮原「何がいけねぇんだろうな」

▼野村「弱いはずないよ、俺たちが組んで。何で3敗するんだ」

▼宮原「どうしたらいいんだ?」

▼野村「何かが足りねぇ。何が足りねぇんだ? わかんねぇ」

▼宮原「優勝圏内ではあるんだ、タクヤ。次の藤沢で取り返そうぜ、タクヤ」

▼野村「藤沢!」

▼宮原「全勝だ。ジェイク・リー&青柳優馬と勝負して、その次いこうぜ」

▼野村「やってやる! 吹っ切れた! やってやるぞバカヤロー!」