ニューヨーク州オールバニのMVPアリーナにて行われたロウが日本時間23日、配信され、王者セス“フリーキン"ロリンズにボビー・ラシュリー、オースティン・セオリーが挑戦するUS王座トリプルスレット戦が『サバイバー・シリーズ』で行われることが決まった。

 この日のロウでUS王座トリプルスレット戦の開催が発表された。インタビューに答えた王者・ロリンズは「この試合を望んだのは俺だ。一石二鳥だからな」と怨敵2人を相手に王者の貫禄を誇示。「ウォーゲームズ戦じゃないが、対立する俺たち3人が対戦すれば戦争状態になる」と激戦を予想しつつ、「サバイバー・シリーズ後も俺がUS王者だ」と防衛に自信をみせた。

 一方、挑戦者のラシュリーとセオリーは乱闘を展開した。セオリーがムスタファ・アリ戦に勝利後、両者は罵り合いながら対峙して乱闘に発展。ラシュリーが持ち前のパワーで圧倒したものの、セオリーにパイプ椅子で反撃されて逃走を許した。

 王者ロリンズ、ラシュリー、セオリーのUS王座トリプルスレット戦が行われる『サバイバー・シリーズ:ウォーゲームズ』は日本時間11月27日にWWEネットワークで配信される。