12・31後楽園大会で開催される「年越しプロレス 年忘れ!シャッフル・6人タッグトーナメント」の公開抽選会と記者会見が24日、東京・後楽園ホール5階展示場で行われ、出場8チームの組み合わせが決定。DDTの樋口和貞が2日前のKO-D無差別級王座防衛戦を突破し、トーナメントを制する「最高の年越し」を見据えた。

 年越しプロレス恒例のシャッフル6人タッグトーナメント。今年はDDT、大日本プロレス、年末ドリーム枠(他団体、フリー選手)から8選手ずつ出場。この日、参加したファンの抽選によって各グループから1選手ずつが引き当てられ、次々にチームが編成されていった。

 抽選の結果、出場チームがMAO&青木優也&宮本裕向、クリス・ブルックス&関本大介&木高イサミ、上野勇希&橋本大地&青柳優馬、納谷幸男&神谷英慶&菊タロー、HARASHIMA&石川勇希&竹田誠志、遠藤哲哉&中之上靖文&バラモンケイ with バラモンシュウ、正田壮史&野村卓矢&田中将斗、樋口&関札皓太&MUSASHIに決まった。トーナメントの組み合わせは後日決定される。

 KO-D王者・樋口は最後に残った形で、自動的に大日本のBJW認定ジュニアヘビー級王者・関札、みちのくの前東北ジュニアヘビー級王者・MUSASHIとトリオを組むことになった。「優勝目指すしかない。気合入れてやる」と意気込む樋口に、関札も「残り物には福がある。チャンピオン、チャンピオン、前チャンピオン。今年こそ優勝します」と呼応。MUSASHIが欠席だったため、2人でチーム名を相談し、「スーパーJカップス」に決定。関札は「僕たちジュニアの選手が集まったということで。樋口選手は今はヘビー級なんですけど、12月31日に限って、ジュニアの規定体重に乗っけてくれると思います」と提案した。

 これにはスーパーヘビー級の樋口も目を丸くするしかない。2日前のDDT12・29TOKYO DOME CITY HALL大会で「D王 GRAND PRIX 2022」優勝決定戦「上野勇希vs納谷幸男」(12・4後楽園)の勝者とのKO-D無差別級王座防衛戦を控えている。ここで防衛を果たし、トーナメントに優勝しての「最高の年越し」を見据えていた。

 トーナメント以外ではDDTとAEWのダブル所属となった竹下幸之介の参戦が決まった。ドリュー・パーカー&カーラ・ノワール&RSPと組んで、岡林裕二&菊田一美&加藤拓歩&吉田和正と対戦。岡林とは昨年12・26代々木大会におけるKO-D無差別級王座戦以来、1年ぶりの遭遇となる。詳細は以下の通り。


☆12/31(土)東京・後楽園ホール『年越しプロレス2022〜年忘れ!シャッフル・6人タッグトーナメント〜』17:30開場、18:30開始

▼年忘れ!シャッフル・6人タッグトーナメント
[出場チーム]
○怒羅威伐亜洲卍敗(ドライバーズハイ)
MAO&青木優也&宮本裕向

○チーム2023
クリス・ブルックス&関本大介&木高イサミ

○ゼロヒャク
上野勇希&橋本大地&青柳優馬

○ビッグ・ボンバーズ
納谷幸男&神谷英慶&菊タロー

○笑父血(わらちちち)
HARASHIMA&石川勇希&竹田誠志

○バラ之上インザスカイ with ダイヤモンド
遠藤哲哉&中之上靖文&バラモンケイ with バラモンシュウ

○チーム関西
正田壮史&野村卓矢&田中将斗

○スーパーJカップス
樋口和貞&関札皓太&MUSASHI

※トーナメント組み合わせは決まり次第発表\n
▼8人タッグマッチ
星野勘九郎
“黒天使"沼澤邪鬼
アブドーラ・小林
伊東竜二
vs
勝俣瞬馬
平田一喜
アントーニオ本多
男色ディーノ

▼スペシャル8人タッグマッチ
吉田和正
加藤拓歩
菊田一美
岡林裕二
vs
RSP
カーラ・ノワール
ドリュー・パーカー
竹下幸之介