新日本は26日、12・14仙台大会の一部カードを発表。NEVER無差別級選手権試合「カール・アンダーソンvsヒクレオ」が決まった。

 両者の同王座戦は当初、11・5大阪大会で行われる予定だったが、王者アンダーソンがWWEサウジアラビア大会出場のため来日を拒否。一度は中止となった一戦が仕切り直しで実現することになった。アンダーソンは2度目の防衛戦となる。

 1・4東京ドーム大会でIWGP世界ヘビー級王座をかけて対決する王者ジェイ・ホワイトと挑戦者オカダ・カズチカの前哨戦も組まれた。ジェイが石森太二&外道、オカダがタマ・トンガ&マスター・ワトとそれぞれ組んで激突する。

☆12/14(水)宮城・仙台サンプラザホール『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr.TAG LEAGUE 2022』17:00開場、18:30開始

▼6人タッグマッチ
外道
石森太二
ジェイ・ホワイト
vs
マスター・ワト
タマ・トンガ
オカダ・カズチカ

▼NEVER無差別級選手権試合
[挑戦者]
ヒクレオ
(1/60)
カール・アンダーソン
[第37代王者]
※アンダーソン2度目の防衛戦

▼「SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022」優勝決定戦
リーグ戦2位
(1/無)
リーグ戦1位

▼「WORLD TAG LEAGUE 2022」優勝決定戦
リーグ戦2位
(1/無)
リーグ戦1位