マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンで行われた『サバイバー・シリーズ:ウォーゲームズ』が日本時間27日、ライブ配信され、アスカらチーム・ビアンカがイヨ・スカイらチーム・ダメージCTRLを撃破し、女子ウォーゲームズ戦を制した。

 金網に囲まれた2つのリングで行われる5対5女子ウォーゲームズ戦。ロウ女子王者ビアンカ・ベレアとWWE女子タッグ王者ダコタ・カイの対戦でスタートし、5分後には先行入場のアドバンテージを持つダメージCTRLのイヨが檻から参戦。ドロップキックやクロスボディでビアンカを攻め込んだ。

 5分差でアスカが参戦し、イヨにヒップアタックやスライディングニーを決め、日本人対決で激しい攻防を展開。その後、時間差でアレクサ・ブリス、ベイリー、ミア・イム、リア・リプリー、ベッキー・リンチが次々と参戦し、5対5のチーム戦となった。竹刀やラダー、ゴミ箱などの凶器が飛び交う中、アスカはリア・リプリーに毒霧を噴射したが、イヨが金網トップからムーンサルトを敢行してビアンカ&ミア・イムを粉砕した。

 終盤にはビアンカ&ベッキーがダメージCTRLの3人と火花を散らし、ビアンカがKODをイヨ、ベイリーに立て続けにさく裂。最後はベッキーが金網トップからのレッグドロップでイヨ&ダコタをテーブルごと破壊し、女子ウォーゲームズ戦を制した。