マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンで行われた『サバイバー・シリーズ:ウォーゲームズ』が日本時間27日、ライブ配信され、ザ・ブラッドラインが男子ウォーゲームズ戦に快勝。“名誉兄弟"サミ・ゼインは“盟友"ケビン・オーエンズへのローブロー攻撃でブラッドラインへの忠誠を示した。

 男子ウォーゲームズ戦を前にゼインはレインズに“盟友"オーエンズとの関係性を疑われた。それでもこの日ブラッドラインの一員としてリングイン。犬猿の仲のジェイ・ウーソとともにブッチ&リッジ・ホランドに襲いかかった。

 その後もドリュー・マッキンタイア、ジミー・ウーソ、オーエンズ、ソロ・シコア、シェイマス、ローマン・レインズが時間差で檻から参戦し、白熱の攻防が展開された。ブラッドラインがチーム・ブロウイング・ブルーツの鉄槌攻撃によって劣勢となり、中盤にはジェイのスーパーキックがゼインに誤爆。それでもウーソズがブッチに1Dを決め、レインズがスピアーでホランドをテーブル葬。シコアもスピニングソロでマッキンタイアを沈めた。

 終盤、レインズがオーエンズにポップアップ・パワーボム、スタナーを決められてピンチとなった。するとゼインがレフェリーを押さえつけて3カウントを入れさせず。会場から“サミ・ウーソ"チャントが沸き起こる中、ゼインはオーエンズと対峙すると、ローブロー、ヘルヴァキックを放ってブラッドラインへの忠誠を示し、疑惑を一掃した。

 最後はジェイがウーソ・スプラッシュを叩き込んでオーエンズを撃破。ブラッドラインが男子ウォーゲームズ戦を制した。試合後、ゼインはレインズ、仲違いしていたジェイとハグを交わし、ブラッドラインの信頼を獲得した。