NXTが日本時間1日、配信され、ショーン・マイケルズが『NXTデットライン』を前にWWE殿堂者4人とともにアイアン・サバイバー・チャレンジ出場者を決める会議を開き、男子はカーメロ・ヘイズ、JDマクドナ、グレイソン・ウォーラー、ジョー・ゲイシー、女子はロクサーヌ・ペレス、コーラ・ジェイド、ゾーイ・スターク、キアナ・ジェームスの出場が決まった。

 タレント育成開発部門の上席執行役員マイケルズがこの日、WWE殿堂者ロードドッグ、アランドラ・ブレイズ、Xパック、モーリー・ホーリーとアイアン・サバイバー・チャレンジ出場者5人を決める会議を開いた。その中でマイケルズが「NXTデットラインは今年最後のNXTプレミアム・ライブ・イベントだ。年間を通して活躍したベストな5人を選びたい」と話すと、WWE殿堂者たちが出場候補者について語り合った。

 その結果、男子はヘイズ、JDマクドナ、ウォーラー、ゲイシー、女子はコーラ、ロクサーヌ、ゾーイ、キアナの男女それぞれ4人が決定。残り1人は次週のワイルドカード・トリプルスレット戦で決められることになり、男子が「ヴォン・ワグナーvsアクシアムvsアンドレ・チェイス」、女子が「ウェンディ・チューvsファロン・ヘンリーvsインディ・ハートウェル」の対戦が組まれた。

 その後、インタビューを受けたロクサーヌは「WWE殿堂者たちが私を選んでくれた。次のステップへの準備はできてるし、次期NXT女子王座挑戦権を奪取するわ」と意気込んだ。アイアン・サバイバー・チャレンジは5人のスーパースターが25分間でピンフォール、サブミッション、反則によるポイント獲得を競う試合。2人でスタート後に5分ごとに1人ずつ参戦し、フォールされた者は90秒間ペナルティボックスに入ることになる。この試合に勝利したスーパースターは“アイアン・サバイバー"としてNXT王座、NXT女子王座への挑戦権を獲得する。アイアン・サバイバー・チャレンジが行われる『NXTデットライン』は日本時間12月11日にWWEネットワークで配信される。