『STORM GATE 2023』後楽園ホール(2023年9月7日)
○BIGBOSS清水vsBen-K×

 清水が激闘となったBen-Kとの一騎打ちに快勝。次なる対令和新世代としてストロングマシーン・Jとの同門対決をぶち上げ、「この俺がお前引っ張り出して、シングルマッチにこぎついたるからな」とその先に吉岡勇紀との対決を見据えた。

 清水は今夏のKING OF GATEで準優勝。決勝戦で箕浦康太に敗れたものの、シュン・スカイウォーカー、ドリーム王者・菊田円を破った。令和新世代3人と戦った清水は8・20大田区大会で吉岡、Ben-K、マシーン・Jの前に現れ、「お前ら3人とシングルせな俺の気が済まんのや。お前らどう思ってんのや」と対戦を要求。Ben-Kが「いいだろう。やってやるよ」と名乗りを上げ、この日「BIGBOSS清水vs令和新世代」と題された一騎打ちが実現した。

 DRAGONGATE屈指のパワーファイター対決は激闘となった。開始早々、ショルダータックル合戦で正面衝突を繰り返し、清水がフライングショルダーで先制。ランニングボディプレスを投下したが、Ben-Kは場外戦でスピアーを叩き込んで逆襲。南側客席を仕切る鉄柵に投げつけ、リングに戻ってもグラウンド状態の清水にヒザ蹴りを連発。串刺しスピアーで突っ込んだ。

 清水もフライングショルダー、バックフリップ、高角度スパインボムの波状攻撃で巻き返しを図ったものの、BIGBOSSプレス狙いは時期尚早。雪崩式ブレーンバスターで叩き落としたBen-Kがミサイルキック、ジャーマン3連発で一気呵成に攻め立てる。清水もノーモーション式砲丸投げスラムで応戦し、雪崩式バックフリップを敢行。今度こそのBIGBOSSプレスで勝負に出た。

 Ben-Kも意地で3カウントを許さない。砲丸投げスラムを食い止め、スピアーで豪快になぎ倒す。ラリアットで反撃する清水に珍しい左ラリアットをカウンターで見舞ったが、清水は追撃を許さず。Ben-Kを捕まえるや砲丸投げスラムを爆発させて3カウントを奪った。

 清水が激闘の末にBen-Kに快勝。これで対令和新世代の戦績は3勝1敗となった。試合後、清水は「Ben-Kに砲丸投げスラムを刻んでやったぞ! Ben-K、お前との試合は間違いなかった。でもな、俺はまだ負けられへんのや。いつでもお前の体にBIGBOSSを刻んでやるからな」とBen-Kに通告し、「次の令和新世代、戦うのはたぶんJ、お前になると思う。まだ日時そんなの何も決まってないけど、これはNATURAL VIBES抜きで男と男のシングルマッチやろうやないか」とマシーン・Jとの同門対決をぶち上げた。

 そして清水はその先に吉岡との対決を見据えた。8・20大田区で対令和新世代をぶち上げた際、吉岡から「箕浦には負けてんじゃねえか。それでなんか言えると思うなよ。俺はシングルお前とやる意味はない」と拒まれたが、清水は「俺と試合する意味ないやと? 上等やないか、コラ。そこまで言うんやったら、この俺がお前引っ張り出して、シングルマッチにこぎついたるからな」と宣言。次回マシーン・Jとの対決へ向けて「次の試合も、勝つのはこの俺、BIGBOSS清水や!」と豪語してみせた。

【清水の話】「リング上で言った通りや。第1戦目からな、つまずくわけにいかんのじゃ。いつでもBen-K、お前の体に刻んでやる。次はJ。NATURAL VIBES関係なしに男と男の熱い戦いやろう。それから吉岡。お前は俺と戦う理由がない? ええやないか。お前いつまでも付け狙ってシングルまでこぎつけたるからな。覚悟しとけ。まぁ、そういうこっちゃ」