『Ultimate Party 2023』東京・両国国技館(2023年11月12日)
○クリス・ジェリコvsKONOSUKE TAKESHITA×

 ジェリコが執念のウォールズ・オブ・ジェリコで竹下に激勝。惜敗を喫した竹下は「ドラマティック・ドリームは終わらないんや」と叫んで、ジェリコ超えを誓った。

 現在はヒールの"KONOSUKE TAKESHITA"としてアメリカ・AEWで暴れ回っている竹下。9・24後楽園大会ではMAOに快勝し、DDTマットでもその実力を改めて見せつけた。そんな竹下に対戦要求を突きつけたのがAEWで抗争中のジェリコ。DDT初参戦となる超大物と竹下の一騎打ちが両国で実現した。

 両者への声援が交錯する中、2人は感情むき出しの肉弾戦で火花。場外戦になると、両国のマス席になだれ込んで、大乱闘を展開する。ジェリコは場外マットを引っぺがすが、それを利用した竹下が床直撃の垂直落下式ブレーンバスターで先制。その後も自身に満ちあふれた表情でジェリコを圧倒した。

 なかなか自分のペースに持ち込めなかったジェリコだったが、スキを突いてウォールズ・オブ・ジェリコに捕獲。さらに、三角飛び式ドロップキック、コーナー最上段からのプランチャと捨て身の空中殺法を連発して両国を沸かす。竹下は雪崩式ブレーンバスター、ブルーサンダーと大技連発で巻き返すが、続くダイビングボディプレスはジェリコが自爆させると、得意のライオンサルトを投下。そして、ジェリコはジュダス・エフェクト(ローリングバックエルボー)へ。

 避けた竹下は逆にローリングエルボーをねじ込むと、お株を奪うウォールズ・オブ・タケシタに捕獲。ブーイングと歓声が同時発生すると、ジェリコはなんとかロープに逃れた。止まらない竹下はジャンピングニーでジェリコを場外に吹き飛ばすと、ノータッチトペコンヒーロを敢行。ダイビングセントーンで突っ込むが、ジェリコはヒザを立てて撃墜する。

 だが、竹下もジェリコのライオンサルトを剣山で迎撃。揃ってマットに倒れ込んだ。ジェリコは再びウォールズ・オブ・ジェリコに持ち込んだものの、強引に脱出した竹下も人でなしドライバーからジャーマンにつなげる大技リレーで逆転。AEWでの必殺技・ワガママ(ランニングニー)で勝負に。

 しかし、ジェリコはキックアウト。竹下のフライングショルダーをコードブレイカーで撃墜する離れ技を披露する。竹下も雪崩式ブルーサンダーで巻き返すが、ジェリコはここでも肩を上げると、強烈なエルボーやジャンピングニー3連発に被弾しても沈まず。生ヒザ式ワガママをキャッチすると、三度目のウォールズ・オブ・ジェリコに持ち込んだ。竹下は必死にロープを目指すと、リング中央に引きずり込まれても、自らの指に噛みついてギブアップを拒否。それでもジェリコが絞めに絞めると、ついに竹下がマットを叩いてギブアップした。

 ジェリコが竹下との死闘を執念のウォールズ・オブ・ジェリコで制して激勝。試合後、ジェリコは竹下の前に立つと、右手を差し出す。AEWでは抗争中だが、日本では竹下も素直に応じて、2人は握手を交わした。ジェリコが拳を突きあげながら先にリングをあとにすると、竹下はマイクを手にし、「おい、お前らよく聞けよ。ドラマティック・ドリームは終わらないんや!」と叫んでみせた。

 試合前には「ジェリコがこの場にいることがドラマティック・ドリームじゃなくて、DDTのリングで竹下幸之介がジェリコに勝つ姿を見せることが俺の中では最大のドラマティック・ドリーム」とアピールしていた竹下。悔しさをあらわにしながらも、ジェリコ撃破に向けて執念を燃やした。