天龍源一郎が11・19後楽園大会で1年3ヵ月ぶりに来場。13日、同大会の全カードが決まった。

 天龍は昨年9月、「環軸椎亜脱臼に伴う脊髄症・脊柱管狭窄症」のため入院。今年2月には腎臓からくる敗血症性ショックで緊急手術を受けたものの、6月末にようやく退院した。そして今回、昨年8・17新木場大会以来、1年3ヵ月ぶりとなる天龍プロジェクトの大会への来場が11・19後楽園大会で実現する。

 この日、同大会の全カードが決定。メインイベントは「第3回龍魂杯」決勝戦「矢野啓太vs拳剛」で、UNタッグ選手権試合「諏訪魔&田村男児vs佐藤光留&鈴木秀樹」、WAR世界6人タッグ選手権試合「河野真幸&児玉裕輔&羆嵐vs橋本和樹&橋本大地&神谷英慶」のタイトルマッチ2試合も決まった。

☆11/19(日)東京・後楽園ホール『第3回龍魂杯』10:45開場、11:30開始

▼シングルマッチ
吉田和正
(1/15)
新井健一郎

▼タッグマッチ
香取貴大
岩崎孝樹
(1/15)
進祐哉
谷嵜なおき

▼6人タッグマッチ
渡瀬瑞基
真霜拳號
越中詩郎
(1/20)
SUSHI
佐藤耕平
藤原喜明

▼天龍プロジェクト認定WAR世界6人タッグ選手権試合
[挑戦者]
神谷英慶
橋本大地
橋本和樹
(3/60)
羆嵐
児玉裕輔
河野真幸
[第22代王者]
※河野&児玉&羆嵐初防衛戦

▼UNタッグ選手権試合
[挑戦者]
鈴木秀樹
佐藤光留
(1/60)
田村男児
諏訪魔
[第2代王者]
※諏訪魔&田村4度目の防衛戦

▼メインイベント 「第3回龍魂杯」決勝戦
拳剛
(1/無)
矢野啓太