新日本は16日、11・17山形大会で行われる『KOPW 2023』争奪戦「SHOvsタイチ」のルールが「金丸義信レフェリーマッチ」に決まったと発表した。

 SHOが奪取した9・24神戸大会以来、2ヵ月ぶりの再戦となるKOPW戦。双方がルールを提案し、ファン投票で決めるKOPWだが、挑戦者・タイチが「てめぇの土俵でやってやる」と宣言したことで、保持者・SHOのみが提案。「俺たちはちゃんとこうやって公平に五分五分で戦えるように考えてやったんだ」とHOUSE OF TORTUREメンバーが考案した4種類のルールを提示した。

 今月15日午前10時から16日午前10時まで新日本のX(旧Twitter)公式アカウントでファン投票が実施された。その結果、総投票数33909票のうち23685票を獲得した金丸義信提案の「金丸義信レフェリーマッチ」に決まった。

 金丸がレフェリーを務め、敗者は山形追放。ブラックメフィスト、天翔十字鳳、デンジャラスバックドロップ、各種相撲殺法、シューティングスタープレス、フェニックススプラッシュ、ダブルローテーションムーンサルトプレス、各種システマ殺法が禁止技となる。


☆11/17(金)山形ビッグウイング『NEW JAPAN ROAD』17:30開場、18:30開始

▼『KOPW 2023』争奪戦 金丸義信レフェリーマッチ
[挑戦者]
タイチ
(1/60)
SHO
[保持者]
※金丸義信選手がレフェリーを行うものとする
※敗者は山形追放となる
※SHO選手が提案した禁止技マッチも同時に適用される
※適用される「禁止技」一覧
・ブラックメフィスト
・天翔十字鳳
・デンジャラスバックドロップ
・各種相撲殺法
・シューティングスタープレス
・フェニックススプラッシュ
・ダブルローテーション・ムーンサルトプレス
・各種システマ殺法

[投票結果]
・金丸義信レフェリーマッチ(金丸義信提案):23685票
・ランバージャック+ストラップマッチ(EVIL提案):3870 票
・東郷を含めた2vs1マッチ(ディック東郷提案):2748票
・凶器番人マッチ(高橋裕二郎提案):3606票