『FANTASTIC GATE 2023』後楽園ホール(2023年12月5日)
○ルイス・マンテvsKAI×

 マンテがKAIとの一騎打ちに勝利。試合後、シュン・スカイウォーカー、菊田円と“一番論争"を展開し、12・24福岡国際大会でオープン・ザ・ドリームゲート王座3WAY戦が電撃決定した。

 Z-Bratsを脱退したマンテは11・後楽園大会でH・Y・O(豹)の援護射撃もあってZ-Bratsとの1対4ハンディ戦に勝利。試合後、シュンにシングルを要求した。するとシュンが「ルイス・マンテvsKAI、これだったらやってやるよ」と逆要求し、この日の一戦を迎えた。

 KAIを破ってシュンを引きずり出す構えのマンテだが、KAIに背後から襲撃されると、鉄柱攻撃など場外戦で痛めつけられて出鼻をくじかれた。それでもドロップキックやハンドスプリングエルボーで反撃するものの、介入したシュンのフロントハイキックを食らって失速。KAIにラリアットを叩き込まれた。

 それでもマンテはKAIと乱入した加藤良輝を両腕ラリアットでまとめて返り討ち。プランチャでシュンの動きをしっかり止めておいてから、フランケンシュタイナーでKAIから3カウントを奪った。

 マンテがKAIに逆転勝利。当然、次なる標的はシュンだ。試合後、Z-Bratsに集団暴行されながらもマンテは花道を下がろうとしていたシュンを呼び止めて「カモン!」と連呼して挑発。引き返したシュンは「そう簡単に俺とやり合えると思ったら大間違いだぞ。KAIに勝ったぐらいで、俺の目の前で開始のゴングを聞けると思うなよ。わかるか? お前は俺に負けているどころか、DRAGONGATEの中で圧倒的ナンバーワンを誇るシュン・スカイウォーカーと三下のお前なんかが…」と拒もうとした。

 するとマンテは「ワタシガイチバン!」と絶叫を繰り返して譲らない。シュンも「一番だったら俺に負けてねえよな。このリングで俺が一番強いんだよ。誰が考えたって、このリングで一番強いのは俺なんだよ。お前は一番じゃねえ。勘違いするなよ」と反論。それでもマンテが「イチバン!」と繰り返すと、「お前は一番じゃねえ。勘違いするなよ。お前なんかが一番なわけねえだろ」と主張した。

 二人の口論が収まらない中、ドリームゲート王者・菊田がやってきて「2人で何がナンバーワンだ。どう考えても俺が一番だ」と割って入った。シュンが「このリングにシュン・スカイウォーカーがいる限り、このリングの一番はこの俺だ。お前ら勘違いするな。何が一番だ。強さの象徴、申し子のこの俺に何を言う。お前が一番なわけないだろ。勘違いするな」と反論すると、菊田は「だったら、お前が負けてベルトを落としたのは誰だと思ってる? この俺、菊田円だろ! そうだろ! それがお前の言う現実だろう。ここにベルトがある。これが現実だ」と正論で返した。

 さらにマンテも「ワタシガイチバン!」をなおも連呼し、3人とも一歩も退かない“一番論争"は収拾つかず。見かねた斎藤了GMが割って入った。すると菊田は「俺がベルトを持ってるんだ。こいつら2人、このベルトを懸けて試合しますよ」と宣言。斎藤GMが「菊田、それ本気か?」と覚悟を問うと、菊田は「ドリームゲートチャンピオンの菊田円は本気ですとキッパリ。斎藤GMが「シングルじゃなくてこの2人とあえて3WAYをやるって言うのか?」と確認すると、「3WAYでも何でもやります」と言い切った。これを受けて斎藤GMは12・24福岡国際大会でドリームゲート3WAY戦を行うことを決定した。年内最後のビッグマッチで菊田、マンテ、シュンが“一番"を決める戦いに臨む。

☆12/24(日)福岡国際センター『THE FINAL GATE 2023』17:00開始

▼オープン・ザ・ドリームゲート選手権 3WAYマッチ
[挑戦者]
シュン・スカイウォーカー
vs
[挑戦者]
ルイス・マンテ
vs
菊田円
[第37代王者]
※菊田5度目の防衛に成功