全日本は27日、3・9後楽園大会で世界タッグ選手権試合「諏訪魔&鈴木秀樹vs芦野祥太郎&黒潮TOKYOジャパン」を行うと発表した。

 斉藤ブラザーズの返上により空位となった世界タッグ王座の新王者決定戦が2・25京都大会で行われ、宮原健斗&青柳優馬を破った諏訪魔&鈴木が第98代王者に。さっそく3・9後楽園大会を舞台に初防衛戦が決まった。

 挑戦者は芦野&黒潮。両者は京都対大会でタッグ対決した試合後、握手。世界タッグ王者となった諏訪魔&鈴木の前に現れ、挑戦を意思表示していた。

☆3/9(土)東京・後楽園ホール『ドリームパワー・シリーズ2024』10:30開場、11:30開始

▼世界タッグ選手権試合
[挑戦者]
黒潮TOKYOジャパン
芦野祥太郎
(1/60)
鈴木秀樹
諏訪魔
[第98代王者]
※諏訪魔&鈴木初防衛戦

▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者]
ライジングHAYATO
(1/60)
田村男児
[第67代王者]
※田村4度目の防衛戦

※その他対戦カードは決定次第お知らせいたします