3・31後楽園大会で拳王とのタッグ対決を控える清宮海斗が、突じょ“勝ったら絶縁"を突きつけた。

 大岩陵平とのコンビでVCタッグリーグを制覇した清宮だが、脊髄震とうで3・17横浜武道館大会を直前欠場。すでに練習も再開して順調に回復しているものの、GHCタッグ挑戦は霧散していた。改めての挑戦へリスタートを切るべく、3・31後楽園大会ではリーグ戦で引き分けた拳王&大和田侑組との“決着戦"に臨む。

 一方の拳王&大和田も拳王のYoutubeチャンネルを通じて、GHCタッグ挑戦権の“横取り"を宣言ずみ。この日の会見では大和田が「僕は清宮さんより拳王さんが好きです。なぜなら、デビュー祝いにこのオーダースーツをプレゼントしていただいたからです。清宮さんからは何もありませんでした」と大胆にカマし、拳王も「おい、清宮! “そういうとこ"だよ! お前は自分のことしか考えてねえのか? 思いやりがねえんだよ! こんな思いやりのカケラもないようなのがNOAHの顔だなんてふざけんじゃねえよ。次3・31後楽園。俺が、いや大和田がテメーを倒してやる」と得意のマシンガントークで追い打ちをかけた。

 ところが清宮は珍しく露骨にピリピリムード。「ベルトのことに関しても俺たちに勝って挑戦するだとか言ってますけど、俺たちに勝ったら、このトロフィーも渡しますし、挑戦だってすればいい」と断言すると、「ただ、俺たちが勝ったら、もう俺に構うな。簡単に一言で言うと、めんどくせえんだよ」と突じょ拳王に“勝ったら絶縁"を通告した。

 すかさず拳王は「俺がテメーに関わらなくなったら、まったく光らねえだろ! テメーらに勝ったらGHCタッグに挑戦するけど、こんなチープなトロフィーだけはいらねえよ!」とツッコんだものの、清宮は「グチグチ言えんのも今日で最後です。一切、拳王と関わりたくないんで」と嫌悪感をあらわにした。

 傍らの大岩も「大和田、お前、好き嫌いでプロレスしてんのか? ナメてんのか? ふざけんな。あとメインイベントで引き分けたあとに『勝てなかったけど負けなかった』って言ってたけど、勝つつもりで来いよ。プロレスナメんな」と大和田への怒りをあらわに。リーグ戦のリマッチと思われた一戦は、事実上のGHCタッグ次期挑戦者決定戦、決別マッチ、そして制裁マッチの側面も含むことに。後楽園直前で一気にキナ臭さを増してきた。


【会見の模様】

▼大和田「こういう会見が初めてなので、とても緊張しています。僕は清宮さんより拳王さんが好きです。なぜなら、デビュー祝いにこのオーダースーツをプレゼントしていただいたからです。清宮さんからは何もありませんでした。だから感謝の気持ちを込めて、VCタッグリーグ、前回勝てなかったですが、負けなかった。だからぜひ後楽園でしっかり清宮さんから勝ちたいと思います」

▼拳王「(※大和田に)なかなか面白いことを言うようになったな。清宮さんより拳王さんの方が好き? 清宮さんは何もなかったです? おい! 清宮。“そういうとこ"だよ、おい! お前は自分のことしか考えてねえのか? 思いやりがねえんだよ! おい! お前はな、NOAHのこと考えてやってんのか!? NOAHより自分のことしか考えてないから、そういうふうなことできんだよ。こんな思いやりのカケラもないようなのがNOAHの顔だなんてふざけんじゃねえよ。次3・31後楽園。俺が、いや大和田がテメーを倒してやる」

▼清宮「はい、清宮です。相変わらず拳王はグチグチグチグチ…ベルトのことに関しても俺たちに勝って挑戦するだとか言ってますけど、俺たちに勝ったら、このトロフィーも渡しますし、挑戦だってすればいいと思います。ただ、俺たちが勝ったら、もう俺に構うな」

▼拳王「何言ってんだ、お前?」

▼清宮「簡単に一言で言うと、めんどくせえんだよ」

▼拳王「うるせえんだよ、お前。俺がテメーにかかわらなかったら全く光らねえだろ。それとな、おい! もちろん俺は勝つよ。勝ったら挑戦してやるよ、GHCタッグに。てめえらができなかった。だが! こんなチープなトロフィーだけはいらねえよ」

▼清宮「グチグチ言えんのも今日で最後です。一切、拳王と関わりたくないんで。俺たちが勝ってベルトに挑戦します」

▼大岩「大和田、お前、好き嫌いでプロレスしてんのか? ナメてんのか? ふざけんな。あとメインイベントで引き分けたあとに『勝てなかったけど負けなかった』って言ってたけど、勝つつもりで来いよ。プロレスナメんな」