『April Fool 2024 TOUR in YOKOHAMA』が30日、神奈川・横浜ラジアントホールで行われ、KO-Dタッグ王者・遠藤哲哉&飯野雄貴が秋山準との最後の前哨戦を制し、王座防衛に弾みをつけた。

 4・7後楽園大会で秋山&松永智充を迎え撃つ遠藤&飯野。3・26上野大会における前哨戦では飯野が松永にピンフォール負けを喫した。この日、二人は瑠希也と組んだ秋山と激突。これが最後の前哨戦となった。

 一矢報いたい飯野が秋山にバーニング・エルボードロップを決めれば、遠藤はスワンダイブ式エルボー、ハンドスプリングスクリューキックをさく裂。秋山が遠藤にラリアット、投げ捨てジャーマンで逆襲すると、瑠希也もジャーマンで続いた。さらにエルボー連打、ランニングエルボーで遠藤を攻め立てたが、飯野がスピアーで鎮圧。最後は遠藤が旋回式ト―チャーラックボム、バーニングスター・プレスのフルコースで瑠希也を仕留めた。

 王者コンビが最後の前哨戦を制した。試合後、遠藤は「最後の前哨戦、俺たちの勝ちだ。秋山準、DGC決勝進出の瑠希也から獲れたのはでかいぞ。勢いに乗った」と好感触をつかみ、「松永、研究できたか?」と余裕の表情で挑発。飯野も「前回の試合はワン、ツーだよ。ワン、ツー、スリーじゃない。次は俺がワン、ツー、スリー獲ってバーニングが防衛してやるよ」と気勢を上げた。

 一方、秋山は「俺たちが獲るぞ。タッグチームの中では穴はないけど、ずっと見て来たタッグチームの中では穴があると思うし、マッちゃんも俺もベテランだから。つけ入るスキはたくさんあると思う」と自信は揺るがず。松永は自ら指名したパートナーだけに「急きょということだけど、俺は彼の実力、その他を信用してるから。あとは獲るだけ」と信頼を寄せていた。