『April Fool 2024 TOUR in YOKOHAMA』が30日、神奈川・横浜ラジアントホールで行われ、4・7後楽園大会でDDT EXTREME王座に挑戦するTEAM NOAHのHi69が王者・勝俣瞬馬に心理戦を仕掛けたうえで最初で最後の前哨戦に快勝。同王座戦のルールが「開運!!痛みを呼ぶサバイバル凶器(おみ)くじ大決戦」に決まった。

 EXTREME王座戦へ向けた公開調印式がこの日の大会前に行われ、勝俣が王者の権利でルールを「開運!!痛みを呼ぶサバイバル凶器(おみ)くじ大決戦」と指定した。各コーナーが“凶器くじ"と化し、引いて出た凶器を使用することが可能となるもの。凶器くじの中には両選手が使用したい凶器が入れられ、ロープエスケープ、場外カウントはなしとなる。

 決定を受けてHi69は「ルールはハードコアマッチですが、今日を含め、4・7後楽園は紳士で大人なプロレスでベルトを獲りたいと思います。そしてプロレスリング・ノアにこのベルトを持って帰りたいと思います」と宣言。対する勝俣は「7年前のNOAHさんのジュニア・タッグリーグ戦で戦って以来の試合になります。僕はめちゃくちゃワクワクしています」と興奮を隠せず。「ただ、このEXTREMEに興味をもってくれて挑戦してくれましたけど、ハードコアマッチ、そんな簡単にはさせません。この凶器くじ大決戦。運も味方にしないと勝てません。なので、2024年今年一発目、大吉引いてるんで。運が味方してくれると思ってます。楽しい楽しいDDTらしいハードコア、よろしくお願いします」と防衛を見据えた。

 この日、Hi69はヤス・ウラノとK-DOJO同期タッグを結成し、イルシオンと組んだ勝俣と最初で最後の前哨戦に臨んだ。のっけから場外戦となり、Hi69は勝俣を鉄柱に激突させ、セカンドロープを利してのムーンサルトプレス、イスの上へのパイルドライバーと本番を見据えた攻撃を連発。勝俣も延髄斬り、デスバレーボムで反撃したが、最後はHi69が勝俣の必殺技ととのえスプラッシュと同型のストゥーカスプラッシュでイルシオンから3カウントを奪った。

 Hi69が唯一の前哨戦に快勝。調印式での発言とは相反する戦いぶりをみせ、勝俣に揺さぶりをかけた。「大人のプロレスなんて、クソ食らえ! 最高におてんばなプロレスして、そのベルトを獲ってやる」と宣言したHi69はバックステージでも「俺はなんもあいつに恨みなんかない。ただ、あいつが持ってるベルトをおてんばなプロレスで巻きたいと思います。おてんばなプロレスが大人のプロレス。わかるかな? 31歳とかじゃ、わかんないだろうな」と繰り返しつつ不敵な笑みを浮かべた。

 対する勝俣は「調印式から調子狂わされた。紳士な大人なプロレス、信じてしまった自分が詰めが甘かった」と敗戦の弁。「最後、『おてんばなプロレスでやろうぜ』って言ったよな。Hi69選手はこのベルトに興味があるのか、勝俣瞬馬に興味あるのか? 答えは当日しかわからない。おてんばなプロレスやろうじゃないか」とHi69発言に呼応すると、「俺だっておてんばで元気な勝俣瞬馬だ。今の俺は負ける気しない。あんたを超えてやるよ。あのとき超えられなかったあんたに借りを返してやる」と王座死守を誓っていた。

☆4/7(日)東京・後楽園ホール『April Fool 2024』10:30開場、11:30開始

▼DDT EXTREME選手権試合〜開運!!痛みを呼ぶサバイバル凶器(おみ)くじ大決戦
[挑戦者]
Hi69
vs
勝俣瞬馬
[第59代王者]
※勝俣2度目の防衛戦
※ロープエスケープ、場外カウント無し。決着は3カウント、ギブアップのみ。各コーナーが“凶器くじ"と化し、引いて出た凶器を使用することが可能。なお凶器くじの中には両選手が使用したい凶器が入れられる