『MONDAY MAGIC season2 ep3』新宿FACE(2024年4月15日)
○アレハンドロvsダガ×

 アレハンドロの5・4両国大会でのGHCジュニア王座挑戦が決定的となった。

 ここ2大会に渡ってダガがアレハンドロのマスクを剥いで遺恨関係に。その二人の一騎打ちが、事前カード発表なしの『MONDAY MAGIC』で実現した。

 怒りのアレハンドロがドロップキックで奇襲したものの、ダガもすぐさま反撃してマスクを剥ぎにかかる。ところがこの日は必死にガードしたアレハンドロも、アクロバティックなティヘラ、ダイブ式のティヘラで巻き返すや、旋回式DDTと見せかけての首固めで王者から直接3カウントを奪ってみせた。

 わずか79秒でダガを破ってみせたアレハンドロは「おいダガ、この前はよくも僕の大切なマスクを破ってくれたな」と切り出すや、ベルトを手にしながら「次はこの大切なベルトを僕が両国で奪ってやる」と宣告した。

 ダガもベルトを掲げて迎撃姿勢。難敵にことごとく完勝しGHCジュニアの“絶対王政"を敷きつつあるダガ。日本人らしからぬルチャ空中殺法の使い手であり、新時代の「ヒーローを目指す」と意気込む気鋭のマスクマンが、その絶対王政に待ったをかけた。

【アレハンドロの話】「よし、ダガ! リング上で言った通り5月4日、両国でお前のその大切なベルト奪ってやる」

【ダガの話】「アレハ、お前は運が良かっただけだ。ここが暑すぎて不意を突かれた。今日はお前が勝ったかもしれない。だけどいいか、アレハ。俺はお前の体中の骨をぶっ壊して苦しめてやる。両国では救急車を呼んでおけ。お前は病院へ直行だ」