<横浜のココがキニナル!>

みなとみらい43街区に「みなとみらいキャンパス」を開設予定。国際系の学部で、2021年4月からの運営を目指す

<調査結果>




みなとみらいに大学!



横浜市神奈川区六角橋の学校法人神奈川大学は、2021年4月、同市西区みなとみらいの「みなとみらい21地区中央地区43街区」に新キャンパスを開設します。大学キャンパスが中央地区に開設するのは、同学が初めてです。


赤丸が43街区(横浜市ホームページより)

新キャンパスのコンセプトは「『国際・日本』の融合した未来『創造・交流』キャンパスの展開」で、地上21階・地下1階。延べ床面積は約4万6600平方メートルです。


新キャンパスのイメージ(提供:神奈川大学)

フロア構成は主に4・5階は管理施設ゾーンで、6階から20階が教育・研究ゾーン。

1階から3階が「賑わいの交流ゾーン」で、学生以外も利用可能。ビュッフェ、体験展示エリア、託児施設、図書館などを配置することで、大学としての機能だけでなく、新しい学びやにぎわいの場を提供していく考えです。


「賑わい交流ゾーン」のイメージ(同)

新キャンパスでは国際港都・横浜に、世界諸地域および日本の文化と歴史を理解したグローバルな人材を育成。「横浜(日本)・文化・歴史・民族・世界(国際)」を基本的な概念構成として、多様な教育を推進します。

また、キャンパス内のラウンジやホールを災害時に利用できるよう、関係団体と調整を進めていくということです。

学部や施設の詳細については秋以降にまとまるそうなので、はまれぽで後日レポートします。


―終わり―