<横浜のココがキニナル!>

日産自動車のゴーン会長、逮捕との報道です。みなとみらい本社の様子や今後の影響などレポートしてください。(ヤングさん)

<調査結果>

逮捕を受けて、日産が11月19日に会見。みなとみらいの本社前の様子をレポート


2018(平成30)年11月19日夕方に飛び込んできた驚愕のニュース。横浜を代表する企業でもある日産自動車の代表取締役会長を務め、日産の立て直しを進めてきた「顔」でもあるカルロス・ゴーン氏が、東京地検特捜部に報酬の過少申告の疑いで逮捕されたとの報道が駆け巡った。


報道直後の日産グローバル本社


みなとみらいの日産グローバル本社前には、逮捕の報道直後から多数の報道陣が集結。カルロス・ゴーン氏本人は羽田空港に降り立った直後にすでに捜査の手が及んでおり、当然本社にはいない。


日産の再建を進めてきたカルロス・ゴーン会長に一体何が?(写真は過去記事より)


本社前にはおびただしい数の報道陣が、中継対応などに追われていた


報道直後に、日産自動車はゴーン氏の会長職、取締役の解任提案を発表。また、日産では通報を受けて社内調査を行ってきたとの発表もあり、今回の逮捕に向けてどのような動きがあったのかもキニナルところだ。


雨の中、最新の情報を待つ報道陣。サラリーマンが遠巻きにそれを眺めている


日産のプレスリリースによれば、ゴーン氏は代表取締役のグレッグ・ケリー氏とともに、長年実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが内部調査によって判明。
そのほかにも、日産の資金を私的に支出するなど「複数の重大な不正行為」に関与していたとしている。


各局の中継車もあちこちに出動している


会長の逮捕という驚きの展開は、日産にどのような変化をもたらすのか。また今回の顛末についても、取材を続けていく。


果たして日産のこれからはどうなる?



ーつづくー