鈴木真由子25歳。納豆が好きでライブ配信を趣味で始めたところから始まり、今の「なっとう娘」という活動を仕事にすることを決める。納豆のより幅広い楽しみ方を一人でも多くの方に届けたいという想いで始めたコラム、ぜひ覗いてみてください 今回は浅草にある〈パナス 浅草〉のメニューを〈Uber Eats〉でデリバリーしました。

スパイシーと納豆のまろやかさの絶妙なハーモニー。〈パナス 浅草〉@浅草

今回のお店は、東京都台東区に位置する〈パナス 浅草〉のお店からテイクアウト!〈Uber Eats〉で注文できるメニューと納豆をカスタムした、おうちでも楽しめるオススメの食べ方を紹介します。

現在〈Uber Eats〉では、希望すると商品を玄関先においてくれるので、対面せずとも受け取ることが可能に。地面に商品を置かれることに抵抗のある方は、ボックスや紙袋を用意し、配達員の方にメッセージでお伝えするのも一つの手だと思う。
今回は、〈パナス 浅草〉の「マトンビリヤニ」を注文。

人生初のビリヤニという未知の世界と納豆の共演に好奇心が刺激されます。

こちらが注文した「マトンビリヤニ」。フタを開ける前からスパイスの香りがしっかり漂ってくる。

今回「マトンビリヤニ」に合わせる納豆は、〈保谷納豆〉の「国産ひきわり」。

私の経験上、スパイス料理は納豆の匂いをかき消すほど強い力を持っているので、あえて香りの強い〈保谷納豆〉のひきわりをチョイス。お米との絡みもいいため、存在感のバランスもばっちりだと考えた。

早速、「マトンビリヤニ」の上にひきわり納豆を盛り付けていく。異国間交流の雰囲気が漂うこの眺め。どんな化学反応が起きるのだろう。

「マトンビリヤニ」に納豆を混ぜ込んでいく。スパイスの香りに納豆の香りが混ざり始めた。さて、どんな味で楽しませてくれるのだろうか。

一口いただくと、納豆の香りが強いか?と思ったものの、「マトンビリヤニ」全体に混ぜ合わせていくと、程よいバランス感になる。納豆の旨味が鼻から抜けていくと、後からスパイシーな香りが口中に広がり、咀嚼していくと2つの香りが混ざり合っていくような味わいだ。

※納豆アレンジは筆者が独自に考案したもので、お店がおすすめしているものではありません。味についても個人の感想です。

〈パナス 浅草〉

03-3842-5075
東京都台東区西浅草1-7-18 シノビル1F
11:00〜16:30(ランチ)、16:30〜23:00(ディナー) 無休
 ※変更の可能性もございますので公式ページをご確認の上ご来店ください。