鈴木真由子25歳。納豆が好きでライブ配信を趣味で始めたところから始まり、今の「なっとう娘」という活動を仕事にすることを決める。納豆のより幅広い楽しみ方を一人でも多くの方に届けたいという想いで始めたコラム、ぜひ覗いてみてください 今回は東日本橋にある〈ポキとサラダの専門店 Fresh Days〉のメニューを〈Uber Eats〉でデリバリーしました。

ポキと納豆はオハナ(家族)。〈ポキとサラダの専門店 Fresh Days〉@東日本橋

今回のお店は、東京都中央区に位置する〈ポキとサラダの専門店 Fresh Days〉のお店からテイクアウト!〈Uber Eats〉で注文できるメニューと納豆をカスタムした、おうちでも楽しめるオススメの食べ方を紹介します。

現在〈Uber Eats〉では、希望すると商品を玄関先においてくれるので、対面せずとも受け取ることが可能に。地面に商品を置かれることに抵抗のある方は、ボックスや紙袋を用意し、配達員の方にメッセージでお伝えするのも一つの手だと思う。
今回は、〈ポキとサラダの専門店 Fresh Days〉の「マグロPOKE」を注文。

間違いのない組み合わせであることは、納豆を知る人なら全員が思うであろう。しかしPOKEの店で納豆のトッピングがあるところは見たことがない(ぜひ納豆トッピングがある未来を作りたい)。

かわいいパッケージに入った「マグロPOKE」。彩りも美しく、ヘルシーなのもたまらない。

今回、「マグロPOKE」に合わせる納豆は〈ファームドゥ〉の「北海道小粒」。

納豆の程よい存在感と、具材のサイズを考えると小粒がベスト。香りはしっかりするが、粘りもそこまで強くない点から、今回はこの納豆をチョイス。

この「マグロPOKE」についてきた「タプナードソース」はオリーブとアンチョビ、ニンニクがたっぷり入っているのが特徴のソース。それを納豆に混ぜていく。

今後、世界で納豆ブームが起きた場合、きっとこの光景が当たり前になっていくのだろう。全く違和感がない。もう一度言うが、ひたすらに彩りのある料理で納豆も嬉しそうだ。

納豆の粘り気が、POKE全体のバランスを調和してくれる。アボカドのまろやかさと人参のラペの酸味、そして野菜の食感が味覚のすべてを満足させてくれる、そんな1品だ。「ハワイ料理の未来に納豆を」そう強く願いたくなるほど絶品だった。

※納豆アレンジは筆者が独自に考案したもので、お店がおすすめしているものではありません。味についても個人の感想です。

〈ポキとサラダの専門店 Fresh Days〉

東京都中央区東日本橋3-3-15 マウンテンビルB1F
11:00〜15:00、17:00〜21:00 水曜休
 ※変更の可能性もございますので公式ページをご確認の上ご来店ください。