全国から多くのレストランが参加し、日本最大級のフランス料理の祭典『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2020(以下FRW2020)』。10年目となる今年は過去最長の20日間、2020年9月25日(金)〜10月14日(水)に開催されます。期間中は参加レストランでお得なコースが楽しめます。今回は、グルメなレポーターに注目レストラン4軒をレポートしてもらいました。

1.フレンチ界の新星シェフ!〈ab restaurant〉から5,000円の特別コースが登場/四ツ谷

四ツ谷駅と市ヶ谷駅のおよそ中間地点に構える〈ab restaurant〉。料理を担当するシェフは新進気鋭、現在30歳の大村隆亮シェフ。専門学校卒業後、渋谷松濤の名フレンチ〈シェ・松尾〉や、フランス本国ではミシュラン二つ星を獲得している〈ティエリーマルクス銀座店〉などで修業をし、2019年10⽉に自身の理想のレストランとして〈ab restaurant〉をオープンさせました。タッグを組んだのは、華麗なプレゼンテーションとドリンクペアリングの腕に定評のある、サービスクリエイターの小山純司氏です。

そんな〈ab restaurant〉のテーマは「挑戦」と、「ジャポニスム×ノスタルジーの融合」。昨今、取り上げられる事の多い「働き方改革」「フードロス」「飲食業界の地位向上」と「SDGs」17項目を私達のライフスタイルに照らし合わせ飲食店を通じてどの様に実践出来るかを常に考え営業しています。シェフ⾃ら⽣産者のもとへ訪れ、規格外として市場に納品できない野菜や少量の品種などをあえて使⽤し、フードロスにも取り組んでいるのも大きな特徴。料理だけでなく、店内の内装やカトラリーなども再利⽤のものを活⽤し、持続可能な社会へ挑戦しています。

※取材時の内容のため、メニューが異なる可能性がございます。
※取材時の内容のため、メニューが異なる可能性がございます。

FRW2020では、5,000円の特別コースが登場。誰でも気軽に〈ab restaurant〉らしさを体感することができます。フランス料理を食べ慣れた人にも、食べ慣れていない人にもどこか親しみやすく、キラリと光るシェフの個性も感じられる〈ab restaurant〉のコース料理でした。

〈ab restaurant〉
東京都新宿区市谷本村町2-19
03-6457-5898
18:00〜23:00 ※コース料理は最終入店が20:30
不定休

2.シェフはミシュラン1つ星店出身!〈プレニチュード〉特別コースが5,000円から/新富町

新富町駅から徒歩3分ほど、閑静なエリアに店を構える〈プレニチュード〉。シックで上品な店内には、シェフの奥様のご両親が収集されたというシャガールの絵が各所にディスプレイされています。

お皿も一枚一枚異なるシャガールのものを使用。

料理は⾝体に優しく、素材本来の味を⼤切にしながらも、リヨンの伝統料理を学んだシェフならではのアレンジが特徴的。⼦ども時代から釣り、そして⿂の捌き⽅、調理の研究をしていた今田シェフは、その経験を生かした⿂料理を得意とし、岡⼭の⾷材とクラシカルなフランス料理が融合する⾒事な演出を味わうことができます。レストランで使⽤する⾷材は故郷岡⼭の⾷材に光をあて、無添加・有機⾷材といったオーガニック⾷材を中⼼に厳選。提供するワインもフランス産を中⼼に8割を⾃然派ワインで揃えています。

FRW2020スペシャルコースでは、全7皿でランチ5,000円、ディナー8,000円で料理を味わうことができます。仕入れ状況により内容が異なるようですが、今回はFRW2020でも提供されるパテを含むランチコースをいただきました。コースの最初から最後まで、シェフの地元である岡山県産食材の魅力に溢れた内容となっていました。

〈プレニチュード〉
東京都中央区新富1-6-11 ロイヤルプラザ新富1F
03-6280-5753
11:30〜15:00、18:00〜23:00
日休

3.ミシュラン一ツ星フレンチ〈サンプリシテ〉のコースが5,000円から/代官山

相原薫シェフ。

代官山駅から渋谷方面へ歩いて徒歩5分ほど、ビルの2階に店を構える〈サンプリシテ〉。2018年1月にグランドオープンすると、瞬く間に人気を呼び予約の取れない人気店に。『ミシュランガイド東京2020』では一ツ星を獲得しました。シェフは葉山〈レストラン ラ・マーレ〉から料理の世界へ入り、その後はフランス、スイスへ留学し、各地の星付きレストランで経験を積んだ相原薫シェフ。帰国後〈銀座レカン〉 スーシェフ、広尾の〈レヴェランス〉シェフ、荻窪の〈ヴァリノール〉でシェフを務めたのち、日本人ならではのフレンチを模索し、魚のおいしさを最大限に引き出す“熟成”に着目。〈サンプリシテ〉をオープンさせました。

「目一鯛 蕎麦」(左)と「白海老」(右)。

新鮮な魚や熟成を施した貝、海老、海の魚、山の魚などを直感的なセンスでおいしく仕立て上げることをコンセプトにした〈サンプリシテ〉。FRW2020でもそんな最高の魚介を使用したコース料理をランチ5,000円、ディナー8,000円という普段では考えられないリーズナブルな価格で味わうことができます。今回はランチコースを実際にいただきました(※素材の仕入れ状況などにより内容は異なります)。

FRW2020特別ランチコースは、アミューズ3皿、前菜2皿、魚料理1皿、肉料理1皿、デザート1皿、シュークリーム、コーヒーまたは台湾茶という構成です。見た目も味も新感覚な魚介を使ったフレンチ料理でした。

〈Simplicité(サンプリシテ)〉
東京都渋谷区猿楽町3-9 アヴェニューサイド代官山1 2F
03-6759-1096
12:00〜15:30、18:00〜23:30
月、第1火休(祝日の場合翌日休)

4.本場星付き店出身の女性シェフが腕を振るう〈タンモア〉今だけフレンチコース5,000円!/乃木坂

乃木坂駅から乃木神社を横目に徒歩6分ほど、港区赤坂の閑静な住宅街に佇む「フランス料理 タンモア」。「とろける時間・柔らかな時間」という意味が込められた店名のとおり、優雅なひとときを過ごせるフレンチレストランです。シェフの田中いずみさんは調理専門学校在学中、フランス料理に感銘を受け、卒業後横浜・元町〈修廣樹〉で5年間、鎌倉〈ミッシェルナカジマ〉で3年間修業後、渡仏。ビストロ、1ツ星レストランに勤めながら休日は無給で精肉店で働くなど3年半腕を磨き、半年間シルクロード沿いの国を巡ったのち帰国し、2018年9月〈フランス料理 タンモア〉を自身のお店としてオープンさせました。

乾杯時にいただいたフランス・ラングドックのスパークリングワイン「Crémant de Limoux Les Graimenous Brut」。

通常はランチ5,800円、ディナー8,000円(各税込)という月替りのコース1種類のみの提供ですが、10/14まで開催されるFRW2020期間中のみランチ・ディナーともに5,000円(アミューズ、前菜、メイン、デザート、お茶菓子とコーヒーもしくはティー)というお手頃価格の特別コースが登場!今回は事前に行われた試食会にて、FRW2020特別コースよりいくつか抜粋したコースメニューをいただきました。

※取材時の内容のため、メニューが異なる可能性がございます。
※取材時の内容のため、メニューが異なる可能性がございます。
※取材時の内容のため、メニューが異なる可能性がございます。
※取材時の内容のため、メニューが異なる可能性がございます。

しっかりと骨太な味わいながら、仕立ては気品と美しさに溢れる〈フランス料理タンモア〉のコース料理。FRWではこの期間だけの特別コースをお得にいただけるとあって、人気店は毎年予約がすぐに埋まってしまうそう。FRW2020特別コースはダイナースカードを持っていない人でも予約することができますので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

〈フランス料理タンモア〉
東京都港区赤坂8-13-19インペリアル赤坂一番館B109
03-6447-1996
12:00〜15:30、18:00〜23:30
水休