東京都立川市の〈GREEN SPRINGS〉に今年オープンした〈SORANO HOTEL(ソラノホテル)〉は、心とからだにも健やかな暮らし、ライフスタイルを求める人たちに、癒しやリラックス、くつろぎを提供する都市型リゾートホテルです。東京にいながらも、開放的で心地よい空間で“Well-being(心もからだも健やかなこと)”な時間を過ごしてみてはいかが?

都心から30分!東京とは思えない絶景&癒しの都市型リゾートホテル。

Well-beingがコンセプトの〈SORANO HOTEL〉。

東京都立川市の大型開発プロジェクト〈GREEN SPRINGS〉内に開業した〈SORANO HOTEL〉は、立川駅北口から徒歩8分の場所に位置します。ホテル名の「空-SORA」は、ホテルオーナーである立飛ホールディングスが、創業当初は飛行機を製造していたことがあり、そのアイデンティティから、清々しい「空」を感じられる開放的な心地よさを表現し名づけられました。

公園の緑との融合を表現した館内。

ホテルのインテリアデザインは、〈GINZA SIX〉でも知られるフランス出身のデザイナー、グエナエル・ニコラ氏が担当。館内は、華美な装飾をせず、豊かな緑の景色がインテリアの一部になるよう、ナチュラルでスタイリッシュなデザインになっています。

〈SORANO HOTEL〉のレセプション。
廊下をあえて真っ直ぐなラインにしないのもグエナエル・ニコラ氏のこだわり。

ビジターも利用できるオールデーダイニング〈DAICHINO RESTAURANT〉。

ランチタイムも人気の〈DAICHINO RESTAURANT〉。

「ダイニング」でのグルメもホテルステイの楽しみの1つ。“Well-being”をコンセプトとする〈SORANO HOTEL〉では、心にもからだにも優しく、そして自由な発想で創る新しいジャンルのジャパニーズ・クロスオーバーフード(異国文化が入り混じる料理)が楽しめます。

「大地のサラダ」に使用している、季節の旬の野菜は30種類以上。ハーブやエディブルフラワー等を加えると50種類近くになる。
食材の生産者や品質の良さがわかるメニューを提供。
諸外国の文化やさまざまなエッセンスを取り入れた料理。
土作りからこだわった野菜も味わえる。

食材は立川産のみならず、多摩地域、更に秩父・甲信地方の物を使用。近隣地域の魅力や旬菜を楽しめるのは利便性の高い立地ならでは。季節により食材が変化すると共に調理法を変え、大地の力が色濃く反映される根菜を多く使用するなど、季節の移ろいを食を通して感じることができます。

上質な心地よさにこだわった 〈SORANO HOTEL〉の客室。

「プレミアパークビュー」。

〈SORANO HOTEL〉の基本の客室は、スカイキングパークビュー、プレミアパークビュー、Wa Modern パークビュー、Wa Modern ガーデンテラスの4タイプから選べます。また、和タイプと洋タイプのどちらかをステイのスタイルにより選べるのが嬉しいところ。

「Wa Modern パークビュー」。

同ホテルでは、ハンガリー産マザーホワイトグースを使用した〈富士新幸〉の羽毛布団、マットレスは〈西川〉が独自に開発した「ファインセル」という素材を使用したウレタンマットレスを全室に導入。一般的なホテルでも珍しい高品質な寝具で包み込まれるような心地よい眠りへと誘います。

客室の広さは全て52㎡ですが、バルコニーの広さが異なる。
ソファーベッドで3名も対応可。
緑を眺めながら和室でホッコリ癒しのティータイムも素敵。
サイドボードのデザインもオシャレ。
お部屋でのんびりティータイム。
〈GREEN SPRINGS〉を作る際に使用した多摩産材を利用したメッセージプレート。
バスルームも広々。
バスルームに常備するヘアー/ボディーシャンプー&コンディショナーは、環境にやさしく、高品質なものにこだわったオーストリア製のオーガニックアメニティを使用。
カドークオーラの最新型ドライヤー。
日本製「ホットマン」のフェアトレードコットンのタオル。

バルコニー越しに広がる空や「昭和記念公園」の豊かな緑が楽しめるよう、客室の中央にベッドを配置しています。全室がパークビュー、そして広々としたバルコニーがついています。
また、愛犬とステイできるよう「ドッグフレンドリールーム」も完備。広大な昭和記念公園でのお散歩を楽しんだ後は、お部屋で愛犬と素敵な時間が過ごせます。

お部屋で「スパ・トリートメント」体験できるスイート。

スライディング・ドアで寝室とリビングを仕切るタイプのスイートは、ドアを片側に寄せておけば、更にゆったりとした空間に。

洋タイプの客室となり、ゆったりとしたつくりの贅沢なバスルームが特徴のお部屋です。そしてなんと「スパスイート」にステイの場合、一人分のスパ・トリートメントが含まれており、熟練のセラピストがお部屋の専用のトリートメントベッドで施術してくれます。基本のメニューは、60分の「ビューティー&リラックス」コースを体験できますが、トリートメントメニューの変更や、人数の追加にも対応可(有償)。

豊かな緑を望む、広々としたお部屋でワーケーションを満喫する人もいるそう。

客室のラインが真っ直ぐではない理由は、「自然な物に真っ直ぐな物はない」というグエナエル・ニコラ氏の考えから、自然の中に溶け込むナチュラルなデザインに。室内には極力余分なものを置かず、目の前に見える豊かな自然をインテリアの一部として楽しめるようになっています。

ダブルベッドのハリウッドツイン。

ゆったりとした客室の広さは、1名〜2名はもちろんのこと、3〜4名でも快適にステイできる仕様。料金は1室分となっているので、4名でステイするとお得に!ファミリーはもちろん、女子会など気の合った仲間でのステイにおすすめです。※スパスイートは最大2名、スタンダードタイプも部屋タイプにより、最大収容人数は2〜4と異なります。

丸くて可愛いバスタブは日本のメーカー「ウェルランド」のもの。
ベッドルーム部分にテレビを設置。
カウンター席もあり、仕事をするにも便利。
お茶やコーヒーも自由に飲める。
バルミューダの電子レンジは音が静か。

豊かな緑を望む、広々としたお部屋でゆったりとトリートメントを受け、そのままウトウト。お誕生日や記念日に、〈SORANO HOTEL〉での素敵なステイをおねだりしてもいいかも。

素晴らしい眺望と圧巻の「 ルーフトップバー」&「インフィニティプール」。

最上階には、「SORANO ROOFTOP BAR」と同ホテルのアイコン「インフィニティプール」があります。
入り口を入るとライブリーでカジュアル、活気のあるバーカウンターやスタンディングやハイチェアー&テーブルの他に、座り心地のよいシートでゆったりと過ごすことができます。

「大葉のモヒート」(1,800円)。

「SORANO ROOFTOP BAR」は、カフェタイム、アペロタイム、バータイムの3つに分かれており、朝7時〜14時半までの間、ホテルゲストに無料でコーヒーを提供しています。

直線60mのプールは水平線に溶け込むよう。
インフィニティプールで過ごすマジックアワーは絶景。
素晴らしい眺望が開け、空の大きさを感じられる東京でも数少ない贅沢なプール。
豊かな緑に癒されながらウェルビーイングな感動体験ができる。
温水なので一年中楽しめる。
泳ぎ疲れたら飲み物が買えるラウンジもアリ。
遊んだあとのアイスクリームはいくつになってもおいしい。
プール利用者専用ラウンジ。
10階のスパ受付。ここから11階のインフィニティプールへ行ける。
最新型のマシンを導入。
天候に左右されず、緑を眺めながら運動できる。

10階と最上階11階の2フロアに、60mのインフィニティプールをはじめ、独自に掘削した温泉水を使用した温浴施設、インドアスパ、超微粒子によるナノミストサウナ、ジムスタジオなど、心身をリセットする施設やプログラムも用意されています。他のホテルにはない〈SORANO HOTEL〉のサービスで、あなただけの“Well-being”を満喫してみてはいかが?

〈SORANO HOTEL〉
東京都立川市緑町3-1 W1
042-540-7777
公式サイト