大阪に5店舗を構える人気中華料理店〈幸福飯店〉。今回、看板メニュー「魔法の焼き餃子」が、お取り寄せできるようになりました!本場中国の点心師の方々によって作られた、皮も餡も手作りの唯一無二な餃子とは?おうちご飯を簡単にランクアップさせてくれる話題の餃子をお取り寄せレポートします!

冷凍便で送られてくる「魔法の焼き餃子」は、真っ赤な箱が印象的。中を開けると綺麗に包まれた餃子が10個。30個以上まとめて買う人は袋入りも選択できます。

誰でもおいしく焼ける!焼き方の流儀。

箱の中には、こだわりの餃子を一番美味しい状態で味わって欲しいという想いが伝わるイラストで、丁寧に焼き方が描かれています。右上に記載のQRコードを読み取ると、動画でより詳細に手順を見ることができるという親切っぷりです。

生地は職人の手で一つ一つ作り出されており、その日の湿度によって水分量なども調節され、ベストな状態を日々研究しているんだとか。機械では表現できない職人技が光ります。
食材は国産にこだわり、お肉は鹿児島県産のブランド豚「茶美豚(チャーミートン)」を使用。野菜は季節ごとに美味しい具材が厳選されています。また、肉と野菜それぞれの旨みを最大限に引き立たせる黄金比率の調味料で、自然と手が伸びてしまう「魔法」のような絶妙な餡に仕上げられているんだとか。

まずは火をつけていないフライパンに、冷凍庫から出してすぐの餃子を並べて、水200mlと油を大さじ1杯入れます。それから火をつけるのですが、ポイントは「強火」にすること。一気に蒸し焼きにすることでモッチモチの生地になるんだとか。また、分厚い生地を少ない時間で蒸し焼きにするために、沸騰してから蓋をするのも大事なのだそう。

4分経ったら一度蓋を開けて、水分量を確認します。「パチパチ」と油が跳ねるような音が混ざっていると、水分量が少ない合図。もし水分が少ない場合は、水を30〜50ml追加しましょう。全部で6分間加熱したら、火を消して15秒、油はねがおさまるのを待ちます。待ってる間に「ハッピーハッピー美味しくな〜れ」と3回唱えるのが、美味しくなる秘訣!

蓋を開けて焼き色を確認し、焼き目の部分を見せるようにお皿に並べたら完成!香ばしい香りと美しい焼き目が食欲をそそります…!

こだわりの餃子だからこそ、まずは「そのまま」食べるのがおすすめ。焼き目のサクサク加減と、モチモチとした生地、そして中からジュワッと溢れ出る肉汁が最高…!このクオリティをおうちで楽しめるのは感動ものです。
特に印象的なのは皮の部分。分厚いのにパリッと焼けていて、それでいて存在感が強すぎず、餡の旨みを柔らかく包み込んでくれています。

タレがないままで美味しすぎるのでそのまま完食してしまいそうですが、もう一つおすすめの食べ方が。それは、酢と多めの胡椒。餃子そのものの味を楽しみつつ、お酢の酸味でさっぱりするおかげで、くどくなくどんどん箸が進みます…!胡椒のピリッとしたパンチも効いていて飽きることなく最後まで食べられる、これは新発見!餃子を食べる際のレギュラー陣に君臨しました。

あっという間に本格的な餃子がおうちで楽しめる、「魔法の焼き餃子」。一品あるだけで、食卓の満足度が一気に上がること間違いなしです。作り方は本当に簡単なので、「ハッピーハッピー美味しくなあ〜れ!」のおまじないを唱えて作ってみてください!

〈幸福飯店〉
公式サイト