遠出が難しい時期でもお出かけは楽しみたい!というわけで生まれた企画「ひと駅マチ散歩」の第二弾。今回は、動物園やお寺など文化&歴史的施設が充実した上野エリアから、ちゃきちゃき感あふれる御徒町エリアに点在する注目スポットを歩きます!

今回「ひと駅マチ散歩」を体験してくれるのは…

課題解決型アパレルブランドを運営する「株式会社ウツワ」の代表取締役社長として活躍中のハヤカワ五味さん。2019年5月に立ち上げた”生理を選択から考えるプロジェクト”をコンセプトにした「ILLUMINATE」も話題。プライベートでは、散歩好き、食べるの好き、JR東日本マニアとしても有名で、『Hanako』読者でもあります。

散歩のおともは「From AQUA」!

アキュアの自販機で、「From AQUA」を購入!
キャップを落とす心配のない「落ちないキャップ」を採用。
はずしたキャップは顔に当たらずに飲めて便利。

「From AQUA」の詳しい情報はこちらから

今回も散歩に出かける前に水分補給用として「From AQUA」を購入!「From AQUA」はJR東日本駅構内で購入できるミネラルウォーターで、その最大の特徴は“落ちないキャップ”。180度以上開いてしっかり固定できる優れものの水なんです。今回のような食べ歩きの散歩はもちろん、手がふさがりがちなショッピングやトレッキングなどのお供にも便利。

ミネラル成分をたっぷり含み、まろやかで飲みやすい「From AQUA」は、群馬と新潟の県境に連なる谷川連峰から湧き出た天然水なのですが、ここにはJRならではの開発秘話があるんです。実は当初、名水を探していたわけではなく、上越新幹線のトンネル工事をしていたそう。その途中、掘削工事で大規模な出水に見舞われたのですが、そこで湧き出た水こそが「From AQUA」の元となる天然水だったのです!谷川岳は日本有数の豪雪地帯としても有名で、そこに降り積もる雨や雪がいくつもの地層を通り抜けて、まろやかな名水になっているのだそう。その水のおいしさが評判となり、1984年にミネラルウォーターとして販売を開始して今に続く、というわけです。「トンネルを掘ってたら、おいしい天然水が出てきたなんてJRならではのストーリーですよね。グッときます」とハヤカワさん。

お散歩スタートは新しくなった〈上野駅公園口〉から。

新駅舎では自動改札機が7通路から10通路に増設!
2階の展望テラスも要チェックです!

今回のお散歩のスタートは〈上野駅〉から。
2020年3月、〈上野公園〉にもっとも近い公園口改札が100m北側の新駅舎へ移設していたのはご存知でしたか?新駅舎の設置に伴い、目の前の道路がロータリー化され、歩行者空間になったんです。以前は改札を出て目の前に信号があったので、混雑時には多くの人が溢れてしまうことがありましたが、その心配もなし。公園方面まで信号を渡ることなくスムーズに移動できるようになりました。

新駅舎には〈エキュート上野〉が開業し、カフェが3軒もオープン。雰囲気もグッと明るくなり、駅舎の2階には行き交う人を眺められる展望テラスもできました。待ち合わせの時間より少し早めに行って、ゆっくりするのもおすすめです。

できたばかりのパンダ舎を見に〈上野動物園へ〉

〈上野動物園〉は現在、事前予約制。整理券の予約をお忘れなく!
屋外緑化を施した建物は降り注ぐ太陽熱からパンダたちを優しく守る。(公財)東京動物園協会
まん丸の耳を持つシンシン。(公財)東京動物園協会
シャンシャンのパパ、リーリーは優しくておっとりとした性格。(公財)東京動物園協会

上野駅から歩くこと約5分。〈上野動物園〉に到着しました。〈上野動物園〉といえばパンダですが、2020年9月に、ジャイアントパンダとその生息地に暮らすレッサーパンダやキジの新しい飼育施設「パンダのもり」がオープン。ジャイアントパンダの生息地の気候に近い環境を保つ屋内施設、運動不足を解消する屋外施設や、日差しや雨をしのげる洞窟などが備えられたまさにパンダのための施設!ここにはジャイアントパンダのシャンシャンのパパ・リーリーと、ママ・シンシンが暮らしています。ハヤカワさんは「パンダは学生の頃に見たのが最後。こういう時期だからこそゆっくり動物を見て和むのもいいですね」と嬉しそう。ちなみにシンシンはとても食いしん坊で、好きな食べ物のためならトレーニングにも積極的に参加するメスなのだとか。おいしいもの好きの読者が多い『Hanako』としても親近感がわきまくりです!

〈上野動物園〉
住所:東京都台東区上野公園9-83
電話:03-3828-5171
開園時間:9時30分〜17時
休園日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)
サイト:https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

パンダを満喫したあとは上野公園の名所〈清水観音堂〉へ。

歌川広重などの浮世絵にも登場する〈清水観音堂〉。松の枝を丸くし、月をかたどった「月の松」がシンボル。
「月の松」から寛永寺・不忍池弁天堂を眺める。
朱塗りの堂宇が美しい!

次は上野公園内にある〈清水観音堂〉へ。ここは京都の清水寺を模した舞台造りのお堂で、寛永八年(1631)天海大僧正により建立。元禄7(1694)年9月に現在地に移築され、江戸初期の旧観を保つ、上野で一番古いお堂です。不忍池を眺められる舞台造りは、浮世絵の画材にもなるほどの景観で、ハヤカワさんも「清水寺と同じ舞台作りは下から眺めた時の姿が圧巻ですね」と惚れ惚れ。

京都・清水寺から遷座されたという秘仏本尊・千手観世音菩薩は平盛久の持仏と伝わり、その命を救ったという伝えがあることから、厄除けの観音様としても信仰を集めています。合掌した手、禅定印を結ぶ手のほかに小さな手が40本あり、生きとし生けるもののすべてに慈悲の手をさしのべる姿を表しているのだとか。

そして、お堂の中には縁結びから子授け、家内安全、交通安全そのた諸々ものすごい数のお守りが用意されています。聞けば、海外からの参拝客がとても多いため、人種や文化、ジェンダーを超えて、さまざまな悩みに応えられるようこれだけのバリエーションになったとか。〈清水観音堂〉はダイバーシティ&インクルージョンが進んだお寺なのです!

〈清水観音堂〉
住所:東京都台東区上野公園1-29
電話:03-3821-4749
開門時間:9時〜17時
サイト:http://kiyomizu.kaneiji.jp

御徒町まで一駅歩いて〈廚 otona くろぎ〉で一休み

とろ〜り、みたらしソースをかけて。「かき氷 みたらし みるく」1,900円。
大きさに驚きますが、ぺろりと完食する女性客も多いそう。
「甘じょっぱくて、濃厚で、繊細!おいしい!!」
黒を基調にした内装を手掛けたのは建築家の隈研吾さん。

上野を後にして、御徒町に移動しました。駅近の商業施設〈上野PARCO_ya〉の1Fにある人気店〈廚 otona くろぎ〉に向かいます。ここは、日本料理店〈くろぎ〉の主人、黒木純さんがプロデュースするカフェで、見た目にも美しい和のスイーツの数々が味わえます。シックな落ち着いた雰囲気の店内はまさに大人の甘味処。

こちらの看板メニューといえば、創作かき氷。ハヤカワさんがオーダーしたのは定番人気の「かき氷 みたらしみるく」。純氷を使った繊細で泡のような口どけの氷に練乳みるくとチーズクリームソースがたっぷり。そこに黒糖を使ったコクのあるみたらしをかけていただきます。氷の中にはクルミと餡が入っていて、味だけでなく食感の違いも。〈廚 otona くろぎ〉は甘味だけでなく、酸味や塩味、旨味も大事にしていて、飽きることなく食べられる構成になっているのです。

ちなみに、御徒町からも近い湯島には〈湯島 廚 菓子くろぎ〉が新装オープンしたばかり。かき氷以外にもわらび餅などの甘味をコース仕立てで提供しているそうで、ハヤカワさんも「必ず行きたい!」と計画を立てていました。

〈廚 otona くろぎ〉
住所:東京都台東区上野3-24-6 パルコヤ1F
電話:03-6284-2796
営業時間:10時〜19時L.O
休み:施設に準ずる

最後に訪れたのは御徒町駅前のお魚天国〈吉池〉

1階にあるお魚のオブジェが目印です。
旬の魚がズラリと並ぶ様は壮観。
高級魚介類ももちろんラインナップ!
「鮮魚はここでしか買わない」という常連客も多い。納得の品揃えと価格!

散歩の最終目的地は、創業99年、新鮮魚介を市場価格で買えてるプロ御用達のスーパー〈吉池〉。豊洲市場に来たかと錯覚するほど多種多様な鮮魚が並んでいて、入った瞬間にテンションが上がります。〈吉池〉には普通のスーパーには売っていない珍しい鮮魚も数多く取り揃えており、いわゆる「丸物」と呼ばれる丸ごと一匹の鮮魚スペースも充実。熟練のスタッフが多く、魚について何かわからないことがあれば、食べ方や捌き方などすぐに答えてくれます。

しかも、すごいのは1階だけではないんです。地下1階には青果や加工品の売り場があり、それも普通じゃない。海苔、鰹節、出汁、明太子・・・など、ありとあらゆる食材が「これでもか!」というくらいに種類豊富に揃います。お財布の紐がゆるっと緩み、ハヤカワさんは一気にお買い物モードに!「おいしそうな調味料のほかに地方の珍しいお菓子もゲットしました」。
同じビル内には新鮮な魚介類を使った料理が食べられる〈吉池食堂〉もあるので、ちょっと疲れたなと思ったら、おいしいご飯でパワーチャージもできちゃいます!

〈吉池〉
住所:東京都台東区上野3-27-12
電話:03-3831-0141
サイト:http://www.yoshiike-group.co.jp

お散歩のゴールは〈御徒町駅〉

今回の散歩のゴール〈御徒町駅〉に到着しました。
「このあたりは近くに住んでいる友人も多いのですが、ゆっくり歩いたのは久しぶりでした。特に上野公園は道の間隔がかなり広く、人混みを気にせず歩けるのでいいですよね。次回は上野の美術館巡りをテーマに散歩したいです」とハヤカワさん。大満足した様子で散歩を締めくくってくれました。

「From AQUA」インフォメーション

280ml 100円、530ml 110円 ※標準価格

群馬と新潟の県境に連なる谷川連峰から湧き出た天然水。厳しくも豊かな自然に恵まれた谷川岳の水はミネラル成分をバランス良く含み、まろやかですっきりとした味わい。180度開く”落ちないキャップ”は移動中の飲み物として最適。
「From AQUA」の詳しい情報はこちらから

オンラインショップでも商品は購入可能!
購入はこちらから

「From AQUA」に関するお問い合わせ
TEL:0120-948-167 受付時間9時〜22時(全日)