仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、ハナコラボ パートナーたちが愛用しているマストアイテムをご紹介。今回は、航空会社の客室乗務員として活躍する日向宥貴さんに話を聞きました。

今回、愛用品を紹介してくれるハナコラボ パートナーは…

名前:日向宥貴さん(ひなた・ゆき)
職業:客室乗務員

航空会社の客室乗務員として働く日向さん。「私の地元・北海道では、道内の移動に飛行機を利用することがあり、幼いときから身近な存在でした。実家から距離のある祖父母の家に遊びに行くときは、新幹線感覚で利用してましたね。そんなこともあり、自然と航空業界で働くことに憧れを抱くようになりました。外国にも興味があり、民間でできる最大の外交だなと確信したため、就職活動では航空業界を中心に受験。現在の会社に就職しました」。社会人4年目。客室乗務員として、国内・海外を飛びまわる多忙な日々を送っている。「現在は新型コロナウィルスの影響で落ち着いていますが、忙しい時期は早朝集合が続いたり時差ボケで辛いことも。大変な仕事ではありますが、+αでしたサービスでお客様に喜んでもらえたり、“ありがとう”って言ってもらえると本当にうれしい。お客様と心を通い合わせることができたな、と実感できる瞬間です」。今後の目標は?「より業務の幅を広げて、後輩のマネージメントを頑張りたいです。夢は、いつか客室乗務員以外の職種で航空業界に携わること。実は就職試験のときに総合職も受けてたんですよ。広い視野で、会社が見られたらなと思います」。

仕事中の美と健康、業務のサポートをばっちりしてくれる万能アイテム。

「客室乗務員はさまざまな土地に飛びまわり、とても体力のいる仕事。フライト中の乾燥やむくみ対策はもちろん、フライト後にリラックスするための紅茶でカラダの外側、内側からケアしています。また特殊な仕事なので、この仕事ならではのアイテムも。なかなか自分だけでは見つけられないので、同僚、先輩と積極的に意見交換をしてリサーチ。常に万全の状態でいることを心がけています」。

機内の乾燥にも耐えられる万能ハンドクリーム。

〈ニュートロジーナ〉の「インテンスリペア ハンドクリーム」。
重めのテクスチャーで、乾燥から肌をしっかりガード。

「“水分量は砂漠と同じ”だと例えられるくらい、機内は乾燥がひどくて、肌はカピカピ。たまたまドイツで見つけて購入した〈ニュートロジーナ〉のハンドクリームは、重めのテクスチャーでしっかり保湿してくれるのでお気に入りです。少し時間が経つとベタつきがなくなるので、仕事中もさっと塗れるのがいいですよね。なくてはならない存在なので、自宅には10個ストック(笑)。ドイツのほうが日本より少し安いのと、パッケージの限定デザインが時期によって変わるので、行くたびに買い足してます」。

客室乗務員の愛用率No.1!デュアルフェイス時計。

〈Stills〉のデュアルフェイス時計。

デュアルフェイス時計とは、文字盤が2つ並んだデザインのこと。多くの客室乗務員が愛用し、航空会社の通販でも購入できるとか。「新人の頃に仕事で行った海外で、日本と現地の時差が確認しづらくて戸惑ったことがあったんです。そんなとき、先輩がデュアルフェイス時計をすすめてくれて。すぐにネットで検索して購入しました。文字盤がタテに並んでいるデザインが多いなか、私は見やすさ重視でめずらしい横並びのタイプに。左が日本、右が行き先の時間に設定しています。すぐに2つの時間をさっと確認できるので、仕事中はもちろん、海外旅行では手放せないアイテムですね」。

フライト後は、紅茶を淹れてリラックスタイム。

イギリス、アメリカ、マレーシアなどさまざまな国で購入。「マンゴーブレックファースト」や「マンダリン&ダージリン」など、フレーバーティーが好き。
自宅では、お気に入りのマグカップに淹れて。

「紅茶が大好きで、手軽に淹れられるティーバッグを常に持ち歩いています。フライト後のホテルで淹れて、ほっと一息つくのが至福のとき。仕事先の海外で購入することが多くて、カナダではメープルティーなど、めずらしいフレイバーティーを見つけるとテンションアップ!ただ、仕事には心から安心できる味を持っていきたいので、購入したらいったん持ち帰り、1回飲んで確認するようにしています。パッケージがかわいいので、お土産にもよく活用していますね」。

全身のむくみはラクロスボールですっきりケア。

フライトでは乾燥同様、むくみも悩みのタネ。「会社の先輩が、コアトレーナー・村田友美子さんのスタジオ〈YumiCoreBody(ユミコアボディ)〉に行ってきて。そのときに教えてもらったマッサージボールに形も質感も似ている!と、ラクロスボールを持ってきてメソッドを教えてくれたんです。それ以来、フライト後のボールを使ったマッサージは欠かせません。ホテルに到着したらすぐにボールを取り出し、腰や足裏、脚の関節など、むくんでいる箇所に当ててコロコロ。翌朝はすっきりするのでおすすめです」。

【今月の日常の一コマ】日本で多国籍料理を堪能&サイクリングでリフレッシュ!

代々木にあるカンボジア料理のレストラン〈アンコール・ワット〉。店内も現地のようなゆったりした雰囲気。
料理はどれも絶品!
愛用の自転車。

以前はプライベートでもたくさん海外に行っていたという日向さん。最近の楽しみは、日本で行ける多国籍料理屋さんや海外風のスポットをめぐることだそう。「最近、1番おいしかったのは代々木〈アンコール・ワット〉のカンボジア料理。無償に食べたくなり検索したら出てきたお店で、すぐに友人を連れて行ってきました。タイやベトナムなどと比べてあまり馴染みがないかと思いますが、実は香辛料をあまり使わずに料理をするので、アジアの中で日本食に近い料理なんですよ。甘じょっぱい味付けがたまりません」。
また、外出自粛期間中には運動不足解消のためにサイクリングをしていたそう。おいしいごはんを食べて、運動をする。メリハリのある生活が大切ですね!