海外旅行ができるのは当分先になりそうな気配…。そんな時こそ、日本の絶景を見に行くべし!今回は日本にいながらにして海外気分を味わえる絶景スポットをご紹介します。綺麗な景色が心を癒してくれること間違いなし!

1.〈SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE〉/山形

庄内平野の田園風景に溶け込むように立つ、建築家・坂茂氏設計のホテル。坂氏のアイコンでもある紙筒を至るところに用いた客室は、木造ならではの温もりを感じさせるデザイン。「Farm to Table」をテーマに地元食材のおいしさを伝えるレストランや地元のクラフト作家のアイテムを扱うショップも併設し、滞在を通じて地域の魅力を体感できる。

〈SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE〉
山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣23-1
0235-25-7424
1泊 10,500円(1室1名朝食付き、税込)〜
全119室

(Hanako1190号掲載/photo:Norio Kidera text:Kana Umehara, Azusa Shimokawa edit:Kana Umehara)

2. 大間港/新潟

明治時代に造られた大間港には、鉱石の積み出しに使われていたメガサイズの施設跡が今も残されています。全部が巨大だから、隣に立つだけでそのスケール感に驚き!

かつて鉱物を運ぶトロッコが通ったローダー橋。橋脚の下で、両手を広げて仁王立ちすれば、“世紀末”っぽい一枚に。テトラポットも大きくて迫力満点!

(text:斉藤アリス photo:ただ)

3.〈未来心の丘〉/広島

5,000平方メートルにも及ぶイタリア産大理石で造られた彫刻庭園〈未来心の丘(みらいしんのおか)〉。まるでギリシャのサントリーニ島を思わせる見渡す限り真っ白な景観が広がっていて、フォトジェニックで話題のスポットになっています。

〈未来心の丘〉
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2
0845-27-0800

(photo&text:Yuki Nishio)

4.〈宮ヶ島 衣毘須神社〉/島根

美しい海岸線で知られる小浜海岸、紺碧の海に浮かぶ宮ヶ島にある衣毘須神社は、大潮の時は参道が波に覆われ渡れなくなることから“山陰のモンサンミッシェル”と呼ばれる。日本絵画の巨匠・東山魁夷が宮内庁から障壁画の依頼を受けた際、モデルにした場所としても知られる絶景スポット。

〈宮ヶ島 衣毘須神社〉
島根県益田市小浜町630
0856-22-7120(益田市観光協会)
常時参拝可能

(Hanako1180号掲載/text : Naomi Haga)

5. 父母ヶ浜/香川

香川県西部に位置し、人口6万2千人ほど。瀬戸内式気候に恵まれ、冬でも比較的温暖に過ごせるこの町で、今観光客が急増中。おめあては、約1キロに渡るビーチ・父母ヶ浜。夕暮れ時、潮が引いた時の景色が、ボリビアのウユニ塩湖そっくりだと話題なのです。

(photo&text:Hiroko Yabuki)

6. あやまる峠展望台/鹿児島

空港から10分ほど車で北上したところにある「あやまる峠展望台」。太平洋につき出した岬で、サンゴ礁の海のほか、眼下にはソテツジャングルが広がります。公園内高台にはお土産品や雑貨が買えるショップ併設の絶景カフェも。

鹿児島県奄美市笠利町大字須野682

(photo&text:Hiroko Yabuki)

7. 与那覇前浜ビーチ/沖縄

東洋一の美しさと言われており、真っ白なパウダーサンドと、透明度が高い「宮古ブルー」の海が特徴です。日本とは思えないきれいさにびっくり!海水浴も楽しめます。

(photo&text:Sae Nishino)