弱冠22歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入! 酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは? 今回はお菓子と合う日本酒を特集した第十九夜の総集編です。
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

1本目/食後にしみじみと酌み交わしたい「萩の鶴 手造り 純米酒」

宮城県栗原市の萩野酒造の代表銘柄「萩の鶴」。どんな味わいにも寄り添う透明感が特徴。「萩の鶴 手造り 純米酒」720ml 1210円(税込・ひいな購入時価格)/萩野酒造株式会社

合わせたお菓子は、〈恵那寿や〉の「栗きんとん」。

〈恵那寿や〉の「栗きんとん」。栗と少量の砂糖だけ。栗のほっくりした甘さがたまらない!

「萩の鶴 手造り 純米酒」と〈恵那寿や〉の「栗きんとん」による伊藤家の晩酌の様子はこちらをクリック!

2本目/自由な発想から生まれた革新的なお酒「小嶋屋 無題 壱ノ樽」

山形県米沢市で安土桃山時代に創業したという〈小嶋総本店〉。代表銘柄は「東光」だが、この「小嶋屋 無題」シリーズは、既存の酒造りの枠にとらわれず、自由に醸した新しいお酒。
「小嶋屋 無題 壱ノ樽」720ml 2750円(税込・ひいな購入時価格)/株式会社小嶋総本店

合わせたお菓子は、沖縄県糸満市産の「珊瑚黒糖」。

無農薬、無化学肥料、無添加!
沖縄県糸満市産の「珊瑚黒糖」

「小嶋屋 無題 壱ノ樽」と沖縄県糸満市産の「珊瑚黒糖」による伊藤家の晩酌の様子はこちらをクリック!

3本目/驚く酸味とふくよかな香りの熟成酒「Afruge Ma Cherie 2017」

千葉県いすみ市に位置する木戸泉酒造で天然の乳酸菌を使って高温で仕込む「高温山廃酛」が、独特の酸味を生み出す。
「Afruge Ma Cherie 2017」500ml 2100円(税別・ひいな購入時価格)/木戸泉酒造株式会社

合わせたお菓子は、伊藤家特製「ティラミス」。

「Afruge Ma Cherie 2017」と伊藤家特製「ティラミス」による伊藤家の晩酌の様子はこちらをクリック!

毎週日曜の夜更新。「伊藤家の晩酌」をチェック!

娘・ひいなと父・テツヤが毎週織りなす愉快な親子晩酌。これまでの連載内容はこちらをクリック!

次回は12月27日(日)公開!2020年を振り返ります。
ひいなインスタグラムでも日本酒情報を発信中