仕事や家事などを頑張ってきた自分へ、そして家族や恋人と楽しむご褒美として買いたいバレンタインチョコ。今回は仕事の合間や仕事帰り、お出かけついでに立ち寄れる東京駅のエキナカで販売されているバレンタインチョコ・スイーツを厳選してご紹介します。

ピンク色のチョコレートに心躍る!〈柿の木坂キャトル〉の「ルビーカカオ生チョコレート」。

〈柿の木坂キャトル〉の「ルビーカカオ生チョコレート」1,150円(6個入り、税込)。

まず自分用のバレンタインチョコレートとしておすすめしたいのが、〈エキュート京葉ストリート〉内にある〈柿の木坂キャトル〉の「ルビーカカオ生チョコレート」。ルビーカカオ豆から作られたピンク色のルビーチョコレートに、北海道産生クリーム、ラズベリーなど、シェフ厳選素材がブレンドされたチョコレートです。

一粒一粒手作りの贅沢な生チョコレートは美しいピンク色をしていて、生キャラメルのようなねっとりとした食感が魅惑的です。上質な生クリームを使用しているためホワイトチョコレートのようにミルキーな味わいで、ラズベリーの甘酸っぱい味わいがアクセントになっています。6個入りなので、毎日1個ずつゆっくりと紅茶やコーヒーとともにいただきたいなと思いました。

〈柿の木坂キャトル〉
東京都千代田区丸の内1-9−1 エキュート京葉ストリート 1F
03-3218-8021
8:00〜22:00
無休

〈イシヤ 東京ステーション〉の「恋するチョコレート ショコラバウムクーヘン」。

〈イシヤ 東京ステーション〉の「恋するチョコレート ショコラバウムクーヘン」1,944円(税込)。

同じくルビーチョコレートを使った華やかなチョコレートスイーツが、〈イシヤ 東京ステーション〉の「恋するチョコレート ショコラバウムクーヘン」。ピンク色のしっとりとした甘い生地の中央に、ほどよい酸味のなめらかなルビーチョコレートをたっぷり流し入れてあります。

そのままでももちろんおいしいですが、おすすめはカットした後電子レンジで20〜30秒ほど温めてチョコレートをやわらかくする食べ方。生地もよりしっとりやわらかくなるほか、中央のチョコレートもトロリととろけてルビーチョコレートならではのフルーティーな味わいが際立ちます。お友達などと一緒に、シェアして食べるのも良さそうなサイズ感です。

〈イシヤ 東京ステーション〉
東京都千代田区丸の内1-9−1 エキュート東京
03-3211-7700
8:00〜22:00、日祝〜21:30
無休

抹茶と日本酒がマリアージュ!〈和楽紅屋〉の「獺祭抹茶トリュフ」。

〈和楽紅屋〉の「獺祭抹茶トリュフ」4個入1,620円(税込)。

「バレンタインはチョコレートが食べたいけど、今年は一味違う味わいにチャレンジしたい」そんな人におすすめなのが、〈和楽紅屋〉の「獺祭抹茶トリュフ」。京都の抹茶を贅沢に使用したチョコレートに、国内外で知名度の高い日本酒「獺祭」を掛け合わせています。

一口食べてみると香り高く上品な抹茶の香りが感じられ、豊かな抹茶の風味に合わせて後から「獺祭」ならではの繊細で奥深い味わいが口の中に広がっていきます。抹茶と日本酒という珍しい取り合わせですが、どちらもしっかりと素材の味が生きていて、甘美な後味が魅力的でした。

〈和楽紅屋〉
東京都千代田区丸の内1-9−1 エキュート東京
03-3211-8930
8:00〜22:00、日祝〜21:30
無休

炭火ショコラを使用!〈シュガーバターの木〉の「炎のチョコレート」。

〈シュガーバターの木〉の「炎のチョコレート」1,188円(4個入り、税込)。

同じく、定番のチョコレートスイーツだけれどワンランク上の味わいが楽しめるのが、〈シュガーバターの木〉の「炎のチョコレート」。炭火焙煎したカカオ豆だけで作られる炭火ショコラにビターショコラとガナッシュを合わせ、炎でトロトロになるよう焼き蒸しにしたカップチョコレートです。

このカップチョコレートは小麦粉不使用のため、一般的なチョコレートカップケーキと違い粉っぽさがなく、フワッととろける驚きのくちどけと濃厚なチョコレートの味わいが特徴。カップに入ったフワシュワなチョコレートという印象です。芳醇なカカオの香りとコク深くキレのあるショコラ感が、後を引くおいしさでした。

〈シュガーバターの木〉
東京都千代田区丸の内1-9−1 エキュート京葉ストリート 1F
03-3214-7778
8:00〜22:00
無休

〈グランスタ東京〉限定!〈Fairycake Fair〉の「フェアリークリームウィッチ ショコラキャラメル生バターサンド」。

〈Fairycake Fair〉の「フェアリークリームウィッチ ショコラキャラメル生バターサンド」1,900円(5個入り、税込)。

個人的にヒットだったのが、2021年2月28日まで〈グランスタ東京〉限定で販売される〈Fairycake Fair〉の「フェアリークリームウィッチ ショコラキャラメル生バターサンド」。フレッシュなバタークリームに、フランス・ゲランド地区産の塩を使った自家製塩キャラメルソースとチョコレートの老舗・バローナ社のカカオニブを贅沢に使用したショコラキャラメル生バタークリームを、可愛いカップケーキ型のビスケットでサンドしています。

とろける口どけで甘さとほろ苦さが共存したショコラキャラメル生バターは、濃厚でなんとも罪深い味わい。カカオニブのパリパリとした食感、香ばしいビスケットとの組み合わせも抜群のおいしさです。ビスケットの上部にはチョコレートがかかっていて、一度に二度おいしい作りになっているのも嬉しいですね。

こちらの商品は1つ1つ手作りのため販売数は限られていますが、大量生産では味わえない作りたてのフレッシュな風味も魅力的。チョコレートという素材の味を存分に引き出してくれるたっぷりのバターと生クリームとビスケット、一つで食べ応えも抜群のまさにご褒美スイーツでした。

〈Fairycake Fair〉
東京都千代田区丸の内1-9−1 グランスタ東京内
03-3211-0055
8:00〜22:00
無休

〈グランスタ東京〉限定!〈THE STANDARD BAKERS TOKYO〉の「ショコラシュトレン」。

〈THE STANDARD BAKERS TOKYO〉の「ショコラシュトレン」1,620円(税込)。

家族や恋人、親しい人たちとシェアして楽しむなら、〈グランスタ東京〉限定で販売(なくなり次第終了)されている〈THE STANDARD BAKERS TOKYO〉の「ショコラシュトレン」がおすすめ。オリジナルブレンドのスパイスと洋酒にドライフルーツを漬け込み、国産小麦の生地で焼き上げたクラッシックなシュトレンを、チョコレートでコーティングしています。

カカオの豊かな味わいを際立たせてくれているのが、洋酒香るサルタナレーズン、レモン、オレンジピールなどのドライフルーツ、そしてジンジャーパウダーやシナモンパウダー、アニスパウダーなどのスパイス。コーヒーや紅茶だけでなく、ワインやブランデー、ウィスキーなどとも合いそうな大人スイーツなので、甘いものが苦手な方への贈り物にも良さそうだと感じました。

〈THE STANDARD BAKERS TOKYO〉
東京都千代田区丸の内1-9−1 グランスタ東京内
03-6665-7995
7:00〜22:00(日・連休最終日の祝日〜21:00)
無休

今年のバレンタインは緊急事態宣言やテレワークの影響もあり、自分へのご褒美として少し贅沢をしたいと考える人や、家族や恋人とのおうち時間でバレンタインを一緒に楽しみたいという人が増えそうな予感。アクセスの良い東京駅のエキナカで、お出かけついでにバレンタインギフトをチェックしてみてはいかがでしょうか?