旅行先で買ったり、おみやげでもらったストックフード、キッチンに埋もれてませんか?料理家さんたちが提案する、日本各地のストックフードを使った簡単レシピの連載をコツやポイントとともに紹介します。今回は、パティシエの中村樹里子さんが広島県の 「塩レモン」をアレンジしました。

本日のストックフードは…「塩レモン」

使っているのは、特別栽培農産物認証の安心・安全な国産・瀬戸田町のレモンと瀬戸内産の塩のみ。ペースト状だからたれや調味料としてそのまま使える。130g 450円(税込)(レモンの王国せとだ屋 0845-27-3994)

【From 広島県(尾道市瀬戸田町)】
国産レモン生産量全国一の生口島。瀬戸内海に面した温暖な気候で、レモンの栽培に適している。

作り方はこちら

材料(1人分)
・白菜…2枚
・きゅうり…1/2本
・塩レモン…大さじ1
・塩昆布…適宜

1.白菜はせん切りに、きゅうりは薄切りにする。
【point】白菜もきゅうりも薄く切り、ポリ袋の空気を抜くことで、水分が早く出て味が浸透しやすい。

2.ポリ袋に1を入れ、塩レモンを加えてよく揉み込み、空気を抜いて5分ほど置く。

3.袋から出して、余分な水分を絞る。

4.塩昆布を混ぜ、器に盛る。

「塩レモンと白菜の浅漬け」の完成です。

今回レシピを教えてくれた先生は…

中村樹里子(なかむら・きりこ)/1980年生まれ。29歳で渡仏し、パティシエとして働く。現在は、東京・目黒にある〈Restaurant Kabi〉のデザートを担当している。

(Hanako1193号掲載/photo:Chihiro Oshima text&edit:Kayo Yabushita)