バレリーナ金子仁美さんが、ベールに包まれたバレリーナの生活と、日常でできる簡単ストレッチやトレーニングをご紹介します。第11回は、自宅でできる体幹と足首を強化するトレーニングをレクチャーします。

バレエ団のとある場所で撮ってみました(笑)。

みなさんこんにちは、金子仁美です。12、1月と、2ヶ月続けてバレエの動きについて紹介しましたが、今月からは2回に分けて体幹と足首を強化するトレーニングをお届け。見た目は少し地味ですが、ちゃんとやってみると結構きつい内容なので、みなさん無理せずに挑戦してみてくださいね!

【基礎編】自宅で「ルルヴェ」(つま先立ちのポーズ)に挑戦。

1.両足をそろえたまま床をしっかり押し、そのまままっすぐ立ちます。トライする場所は、自宅であればシンクやイスがおすすめ。腰の高さに近い、両手でつかまれる場所を探してみてください。

2.すぐにひざを伸ばしたまま背伸びをすると足首に負担がかかってしまうので、まずひざを軽く曲げましょう。これをバレエの用語では「プリエ」と言います。ただ曲げるのではなく、腰から床に向かって重心が下りていくように意識しましょう。

3.ひざを曲げたまま背伸びをします。そして上半身をキープしたまま、ひざをゆっくり伸ばしていきます。このとき、背中が丸くならないように気をつけて。頭の先から、天井に向かって上に引っ張られるような意識でやってみましょう。

【応用編】バレエの1番ポジションに挑戦。

バレエと聞くと、かかとを床につけて、足を外側に開くポーズをイメージされる方が多いと思います。これは「1番ポジション」と呼ばれる基本の立ち方のひとつ(※ちなみに、立ち方は1〜6番まであります)。引き続きシンクやイスにつかまってこのポジションに挑戦してみましょう。

1.足の付け根から外側にまわし、ひざも外向きに。お尻はヒップラインを意識して上に引き上げるイメージです。

2.1番ポジションができたら、そのままゆっくりとお尻をかかとの上に下ろしていくように、ひざを曲げます。下半身はリラックスしている分、上半身は上に引き上げていくように意識しましょう。この状態をキープしたまま、ゆっくりかかとを持ち上げて。このとき、かかとが後ろにいかないように、左右の足の裏が向き合っている状態がポイントです。

3.ゆっくりとひざを上に伸ばしていきます。足の付け根からターンアウト(足を太ももから外側に開くこと)を意識してみてください。足に力を入れすぎるときれいにまわせないので注意。また、両足均等に体重をのせることが大切です。

4.仕上げに体幹を意識して、手をつかまっていたところから離して上にあげてみましょう。目標はこの状態で10秒。グラグラしないようにキープしてみましょう。クリアできたら、少しずつ時間を伸ばしてみてくださいね。

【日常のひとコマ】かわいいものに目がない!大好きなカプセルトイを紹介。

今回は私が集めているものを紹介します。実は私、カプセルトイが大好き(笑)。かわいいものが目に入ると、思わず「あ〜!」と思って、気がついたらガチャガチャの機械を回しています。

最近、私がゲットした子たちはこちら。〈東京バレエ団〉は、〈東京文化会館〉で公演することが多いのでよく上野に行くのですが、上野駅近くの〈NEWDAYS〉でしか手に入らない(あくまでも私調べですが)貴重な!?動物のフィギュアです。
そして私のイチオシはこれ!なんと、パンダが私の大好きなカレーを作っています(笑)。いつまでも眺めていたくなる私の癒やしアイテムです。この原稿がアップされる頃には、2月26日〜28日の『ジゼル』公演のために〈東京文化会館〉に通っています。もしかすると、今日もガチャガチャをしているかもしれません(笑)。

以上、金子仁美でした!皆様もおカラダどうぞご自愛くださいね。また来月お会いしましょう!