弱冠22歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入! 酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは? 今回はおすすめカップ酒を紹介した第二十一夜の総集編です。
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

1本目/旭山動物園公認のカップ酒「純米酒 ずZOOっと旭山」

北海道旭川市にある高砂酒造と旭山動物園がタッグを組んだ公認のカップ酒。森・海・空をテーマに人気の動物たちが描かれている。「純米酒 ずZOOっと旭山」各180ml 343円(税別・ひいな購入時価格)/高砂酒造株式会社

あわせたおつまみは「ラムチョリソー」!晩酌の様子をダイジェストで。

〈北海道どさんこプラザ〉で買ったラムチョリソー。
〈北海道どさんこプラザ〉は有楽町の〈交通会館〉1階にあります。
いただきます!
おいしすぎるチョリソーとの出会いに興奮気味の父娘。
チョリソーに日本酒が合うんです。

この日の晩酌の詳細はこちらをクリック!

2本目/気さくに味わえるデイリー酒「きりんざん グリーンボトル 純米」

新潟県東蒲原郡に位置する麒麟山酒造。“辛口一途”で、新潟らしい、淡麗辛口の飲み飽きない日本酒造りを目指す。
「きりんざん グリーンボトル 純米」180ml 300円(税別・ひいな購入時価格)/麒麟山酒造株式会社

あわせたおつまみは「蕗味噌」!晩酌の様子をダイジェストで。

今回は、純米のグリーンラベルで乾杯! 
45度くらいの上燗がおすすめ。
温めたお酒をもう一度、カップ酒に戻して……。
グビッといただきます!

この日の晩酌の詳細はこちらをクリック!

3本目/会津出身の野口英世がイラストに!「末廣Dr.野口カップ」

福島県会津若松市に位置する末廣酒造。会津地方の風土から生まれた米、水、会津杜氏に匠の技によってうまい地酒を生み出す。「末廣Dr.野口カップ」720ml 237円(税込・ひいな購入時価格)/末廣酒造株式会社

あわせたおつまみは「縄文干し」!晩酌の様子をダイジェストで。

福島県いわき市に伝わる、干物「縄文干し」。
野口カップで、さっそくいただきます!
縄文スタイルで、頭からがぶりと!
上燗(45〜50度)くらいがオススメ。
燗酒にして飲んでみると、あら不思議……。

この日の晩酌の詳細はこちらをクリック!

毎週日曜の夜更新。「伊藤家の晩酌」をチェック!

娘・ひいなと父・テツヤが毎週織りなす愉快な親子晩酌。これまでの連載内容はこちらをクリック!

次回は3月21日(日)公開!
ひいなインスタグラムでも日本酒情報を発信中