おひとりさまや、デートで使いたいおしゃれな居酒屋が急増中!内装がおしゃれなだけではなくメニューもシェフのこだわりが詰まった一品が勢揃い!今回はオープンしたばかりのおしゃれ居酒屋をご紹介します。

1.〈居酒場 IGOR COSY SHINSEN〉改めて知る、焼酎×料理の楽しさと奥深さ!/神泉

雲丹のせ笹豚焼売 ライムリーフの香り900円。
宮崎県産 黒岩土鶏のたたき盛り合わせ1,500円。新鮮さがものを言う九州の名物だ。焼酎の水割り580円〜はワイングラスで香りも楽しむ。
「おいしさと楽しさを伝えたい」と丸山さんが店の要にした焼酎は10〜15種ほどそろう。
入り口ではセイロが湯気を出し、気分が上がる。
木の質感で和める空間。
炙り〆鯖 春菊醤油仕立て880円。春菊醤油はフレンチのピューレを思わせる美しさ。
女性一人でも入りやすい。

フレンチの有名料理人・丸山智博さんがディレクションする“居酒場”。

〈居酒場 IGOR COSY SHINSEN(いさかば イゴール コージー シンセン)〉
東京都渋谷区円山町18-6 
03-6455-1720
18:00〜23:00LO 不定休(2/7まで休業) 
18席/禁煙

(Hanako1193号掲載/photo : Natsumi Kakuto text : Kahoko Nishimura, Mae Kakizaki edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

2.〈そうめん そそそ 〜その先へ〜〉ランチやカフェも注目!おしゃれな居酒屋が登場/新橋

スペシャリテの「トリュフ香る黒釡玉そうめん」2,500円。ほか、和洋幅広いアレンジそうめんあり。自然派ワインは〈つかんと〉の大橋直誉さんがセレクト。「ラブレッド」グラス1,100円。
お茶ハイ550円〜の種類が豊富で楽しい。写真はオリーブ茶。
一品料理はスタンディングでも楽しめる。「香川の白味噌バーニャカウダ」1,150円。
「オリーブ地鶏のゆず味噌焼き」1,200円。
そうめんは最高級の「島の光」。
シックな空間。

恵比寿で人気のそうめん専門店が、大人な世界観を携えて2号店をオープン。

〈そうめん そそそ 〜その先へ〜〉
東京都千代田区内幸町1-7-1 日比谷OKUROJI G17
03-6205-7172
11:30~22:30LO(土日祝〜21:30LO)第1火休
40席/禁煙

(Hanako1190号掲載/photo : Hiromi Kurokawa, Sayaka Matsumoto text & edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

3.〈NOON目黒〉今アジアで流行中のカフェ&酒場が登場/目黒

台湾料理を彷彿とさせる牡蠣とクレソンのオムレツ1,400円、スパイシーなヌーンレモンサワー690円。『ココナツミルクとパルメザンチーズが香る!』
ニラ麻婆豆腐1,500円は焼き豆腐とたっぷりの山椒がポイント。
〈邦栄堂製麺〉の皮を使った自家製水餃子850円にはコブミカンの葉を練り込んでエスニックに。
夜にぎやかに酒場を楽しむのが待ち遠しい。

目黒駅前の小道にオープンした“ニュー・アジアン・スタンダード”な店。現在期間限定で提供するランチは開店10分で売り切れるほど評判を集めている。

〈NOON目黒(ヌーンめぐろ)〉
東京都品川区上大崎4-3-7
ランチ11:30〜14:00LO、アラカルト15:30〜19:00LO 火水休
15席/禁煙

(Hanako1194号掲載/photo : Natsumi Kakuto text & edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)