日々国内外を旅している前田紀至子が楽しく美しく、時にはマニアックに旅を満喫するコツをナビゲート。今回は、〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉の39階にある〈ザ ラウンジ〉にて、「スプリング&ティーアフタヌーンティー」を楽しみました。

広々とした空間でゆったり楽しむ優雅で愛らしいアフタヌーンティー

「〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉のアフタヌーンティーが評判いいらしく、一度行ってみません?」と誘われたある日、同じく気になっていた私は二つ返事で即決!大手町駅直結でアクセス抜群な〈ザ ラウンジ〉に、到着するやいなや、コロナ禍ということを鑑みても最高のセレクトでは?と感動するほど、席間はモダンで広々とした素敵な空間。

座席にはオリジナルのマスクケースも。スタイリッシュで高級感溢れるマスクケースは思わず持ち帰りたくなる。

セイボリー、スイーツ、スコーンを通して、バラエティに富んだラインナップ。メニューを目で追うだけでも楽しい。

ティーソムリエがセレクトする日本茶のセレクトを誇る〈ザ ラウンジ〉のアフタヌーンティーだけあり、ウェルカムドリンクにもユニークなお茶のビールが。

ドリンクは日本茶の他、コーヒーや目にも麗しいモクテルも。こちらは、バタフライビー、蜂蜜、柚子ピューレ、炭酸水による「柚子ハニーフィズ」。

セイボリー、スイーツは品よく柔らかな彩りのピンクとイエローが印象的。一つ一つが繊細で芸術品のよう。これらはすべて、数々の世界的コンクールで優勝したパティシエ、青木裕介氏によるもの。

お皿に乗せるだけで絵になるスイーツは、思わず一つ一つ写真におさめたくなる。いわずもがな、お味も食感や風味を含めて抜群のおいしさ。

紅茶、柚子、苺のスコーンもそれぞれ美味。意外なところでは、柚子のスコーンがクロテッドクリームと好相性。忘れずお試しを。

皇居の森を見渡す優雅な空間で楽しむ、和のエッセンスを取り入れたアフターヌーンティーは極上の非日常を堪能できるひととき。スペシャルな息抜きとして、また特別なお祝いの席にも、ぜひ利用してみて。

覚えておきたいチェックポイント3つ

1:ドレスコードはスマートカジュアル。この春お気に入りのスタイルで訪れて。
2:11:00〜12:30(L.O.12:30)、13:00〜15:00(L.O.14:30)、15:30〜17:30(L.O.17:00)の3部制。ゆっくり楽しみたい場合は午後の利用がおすすめ。
3:品の良い見た目でもボリュームはしっかり。スコーンまで食べるにはしっかりとお腹を空かせて。