旅先で楽しみたいのがグルメ。中でも餃子はリーズナブルで、ご当地らしい食材も楽しめるから旅行先の楽しみにもぴったり。好みの餃子を探す「餃子旅」をするのも楽しいかも!

1.〈満腹〉の「円盤餃子」/福島

「福島の名物“円盤餃子”。老舗から人気店まで何軒もあって、地元の人たちはそれぞれ“推し”の餃子屋さんを持ってるそう。私の“推し”は〈満腹〉さん。小ぶりで中身は野菜たっぷり、軽い食感でひと皿なんてペロリ。もちろん、お供はビール。何軒かはしごして、味比べをするのも楽しいはず」。円盤餃子 1皿1,650円(税込)。
福島県福島市仲間町1-24
024-521-3787
16:30〜21:00(土日11:40〜なくなり次第終了)火水休
50席/喫煙

Navigator…ツレヅレハナコ
東北の酒と食と人をこよなく愛す編集者・文筆家。Instagram(@turehana1)のファンも多数。近著に『ツレヅレハナコの南の島へ呑みに行こうよ!』(光文社)など。

(Hanako1194号掲載/photo : Kaori Ouchi, turezurehanako text & edit : Yoshie Chokki)

2.〈来らっせ本店〉の餃子/宇都宮

#宇都宮で餃子5店舗食べ比べ #来らっせ本店 #あなたの推しを教えて

夜は宇都宮で餃子三昧!地元の人気店が集結するで、餃子の食べ比べを満喫しましょ。常設店舗の他に日替わり店舗やお土産コーナーも充実しており、餃子を隅々まで楽しめること間違いなしです。

栃木県宇都宮市馬場通り2-3-12 MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮 地下1階
028-614-5388
年中無休
https://www.gyozakai.com/kirasse/

3.〈ちゃいなハウス〉の「焼き餃子とゆで餃子」/箱根

仙石原の中でも美術館が密集するエリアにある〈ちゃいなハウス〉。箱根、仙石原では地元の方にも評判なんだとか。
見て驚くのが餃子の種類。焼き・水・揚げといった調理法が異なる餃子はもちろん、イカ餃子やコーン餃子などこれまで見たことのない具材を使った餃子がずらり。
具はあっさりめ。細かく切られた野菜が甘みを出していました。お肉の旨味はそんなにも強くありません。焼き餃子の焦げ目は抜群!蒸し焼きにされているようで、底はパリッと、ひだのあたりはもちっと。

4.〈弐ノ弐〉の「焼き餃子」/熊本

「焼餃子」。

〈弐ノ弐〉は熊本に3店舗、ほか九州を中心に全部で12店舗を構える熊本発祥の餃子店です。
看板メニューの「焼餃子」は九州でよく見られる一口サイズの餃子です。パリパリの皮と溢れる肉汁はビールとの相性抜群!1皿7個で250円です。
そのほかにも水餃子や汁餃子もあります。「水餃子」はモチっとしながらも食べやすく、小ねぎと生姜がトッピングされていました。そしてその「水餃子」をスープと一緒にいただくのが「汁餃子」。スープは熱々!味はあっさりとしています。
とにかく1品1品が安いのも魅力の一つ。餃子は250〜350円、そのほかのメニューもだいたい600円以内。ハッピーアワーでは餃子、ビールともに半額になるそう!