ラップやコーヒーフィルター、ハンドソープは毎日使うもの。何気なく使っては、捨てる、買い足すを繰り返していませんか?まずは、毎日使うものを置きかえて無駄をなくしてみたい。そこで今回は、ミツロウラップの作り方をご紹介します。ミツロウなどを布に染み込ませた、エコなラップ。洗って何度も繰り返し使えるので、お財布にも優しい。野菜やフルーツ、お菓子を包んだり、器の蓋にも。5月28日(金)発売 Hanako1197号「気持ちいい生活の選びかた。」よりお届け。

【用意するもの】

・ミツロウブレンドワックス…10g
・綿100%の布地…18×18cm

【道具】
・アイロン台
・アイロン
・クッキングペーパー
・新聞紙など下に敷くもの

【作り方】

アイロン台の上に新聞紙などを4〜5枚重ねて敷いたらクッキングペーパーを重ねて置き、その上に布地の表を下にして置く。

ミツロウブレンドワックスを布の上にまんべんなく散らす。

の上にクッキングペーパーを重ね、中〜高温のアイロンをあて、ワックスが溶けて布に染み込んだら上のクッキングペーパーを素早く剥がし、ムラがあれば少ないところにワックスを足して同様に溶かす。

下のクッキングペーパーを素早く剥がしたら、1分ほど布を手で持って乾かす。

【日常の使い方】

使ったあとは、水洗いしてから軽く水気を切って陰干し。電子レンジや生肉、生魚、酸があるもの、揚げものには使わないように

【ミツロウブレンドワックスの作り方】

・itononiwaセットを使う
はじめてならオリジナルのブレンド済みミツロウワックス(10g)440円がおすすめ。18×18㎝の布とセット1,100円も。

・自分でブレンドするなら
ミツロウ10g、ホホバオイル3g、松脂10gを湯せんにかけて溶かし、シリコンモールドなどに流し入れて固める。

Teacher…山田留美子(やまだ・るみこ)

ハーバルセラピスト。オンラインショップ〈itononiwa〉、教室「itoの会」を主宰。

(Hanako1197号掲載/photo : MEGUMI text & edit : Kana Umehara)