6月4日(金)、浅草に新たなユニクロが誕生!街の特徴をいかした店舗デザインから、地域の名店とのコラボレーションにより、地元の人のみならず、観光ついでに寄りたくなるような限定商品もラインナップ。下町好きならきっと、「これ欲しい!」と思うサービスまでご紹介します。

フォトスポットも見逃せない!約600坪の店内の見どころ。

〈ユニクロ 浅草〉があるのは、東京楽天地浅草ビルの1・2Fフロア。

店内に入ってまず目に飛び込むのが、大きさ1.8m×1.8mの四角い巨大提灯!

東京の伝統工芸として知られる江戸手描提灯を作るのは、1854年創業の〈大嶋屋恩田〉。
驚くほど大きい提灯は、手描きで描かれた職人技が光る一品。近づいてみると繊細な筆のタッチがはっきりと確認できます。

館内のモニターでは制作風景の一部が見られますよ!

そして、浅草といえば人力車!
ユニクロが推進するサステナビリティ活動の象徴として、浅草の人力車とコラボレーションし、人力車をグリーンのロゴでラッピング。

店内の奥には、あいあいパラソルを持ったスペシャルドラえもんが!

ユニクロ グローバル サステナビリティ アンバサダーに就任した、特別にグリーン色のドラえもんを展示。観光の記念に一緒に撮っちゃいましょう。

試着室ゾーンも見逃せません。浅草を中心に活動するアーティスト ESOWさんが描いたグラフィティアートも!

2階のキッズゾーンでは、はしのちづこさんの描くユルカワな招き猫がお出迎え!お子さん連れも楽しめる工夫がされています。

街を新発見!地域コラボの展示も。

2階の地域協業エリアでは、浅草エリアで活動するアーティストやブランドとコラボレーションしたディスプレイも展示しています。

紹介している店舗のイラストマップがかわいい!お買い物の帰りにふらっと立ち寄るのもいいですね。

あの〈ヨシカミ〉のロゴグッズも作れる!

『UTme!』では、iPadを使って自分でデザインし、世界で1つだけのオリジナルTシャツやトートバッグが作れるサービスも。

オーダー完了後、5〜10分程度で完成するとのことなので、オリジナルのお土産もゲットできちゃいますよ。

不動の人気を誇る老舗洋食屋〈ヨシカミ〉をはじめとする、浅草の名店ブランドのロゴを自由に使い、浅草好きが卒倒してしまうような豪華なコラボデザインも自由自在!

あの〈UNIQLO FLOWER〉も登場。

正面入口には〈UNIQLO FLOWER〉も登場し、季節の生花をリーズナブルに楽しめます。

オープン期間のノベルティーも見逃せない!

オープン日の6月4日(金)から6月6日(日)までの3日間、〈ユニクロ 浅草〉で5,000円以上の買い物でオリジナル湯呑みのプレゼントも!(先着3,000名)

また、オープン期間中のお買い上げでは、浅草らしい千社札をモチーフにした限定ショッパーをゲットできちゃいます。

下町カルチャー好きさん、ぜひ浅草観光の際はお立ち寄りを。

〈ユニクロ 浅草〉
東京都台東区浅草2-6-7 東京楽天地浅草ビル1・2F
10:00〜20:00
無休
公式サイト
※価格はすべて税込み。