ミルクティーにスパイスが効いたチャイは、カレー屋さんの食後の大定番。ちょっと脇役なチャイだけど、ファンは多し。知られざる東京都内のおいしいチャイを巡ってみました。Hanako特別編集『私が知りたいお茶のこと、すべて。』よりお届け。

紅茶とミルク、スパイスの絶妙バランスを楽しんで!

日本でチャイと呼ばれているのは、北インドのマサラチャイのこと。「もともとグレードの高い茶葉はイギリスへ渡ってしまい、残りの茶葉をおいしく飲むためにミルクで煮出し、体を温めるスパイスを加えたのが始まり」と話してくれたのは、〈エヌ・ハーベスト〉の鈴木裕さん。

今ではCTC(Crush 押しつぶす・Tear 引きちぎる・Curl 丸める)製法の茶葉を使用することが多い。日本では、カレーのあとに楽しむのが定番で、ちょっぴり脇役的な存在。インド国内ではどこでもチャイスタンドがあり、いつでも手軽に楽しむことができる。今回は、おいしいお店がオススメする店なら間違いない!というわけで、おいしいチャイの“数珠つなぎ”が実現。紅茶専門店〈チャイブレイク〉水野学さんからスタートです!

1.たっぷりの茶葉を使用した風味豊かなチャイ。〈chai break(チャイブレイク)〉/吉祥寺

【Editor’s Recommended】ふんわりと泡立ったまろやかな優しい風味を味わって
スパイスを煮出したあとにスリランカ産ディンブラの茶葉をたっぷり。1杯のチャイに使う茶葉は通常の2ポット分。ミルクを足して一煮立ち。最後に高い場所から注いで空気を含ませ、まろやかな味に仕上げる。
店主・水野 学さん

産地や季節の特徴を熟知した水野学さんが提供する“旬の紅茶”が楽しめる。丁寧に手鍋で煮出したチャイは、しっかり茶葉の風味が感じられ、ミルクのまろやかさとスパイスの香りが広がる。シナモン、カルダモン、クローブ、ナツメグ、ジンジャー、ブラックペッパーの6種の「オリジナルチャイ」770円。

〈chai break(チャイブレイク)〉
東京都武蔵野市御殿山1-3-2
0422-79-9071
9:00(土日祝8:00)〜19:00 火休
16席

2.オーガニックスパイスを使った料理教室後のチャイも大人気。〈N. HARVEST(エヌ・ハーベスト)〉/西荻窪

【Manabu Mizuno’s Recommended】オリジナルブレンドのスパイスのチャイは豆乳の優しい味
店主・鈴木 裕さん
お家で手軽にチャイが楽しめる「有機マサラチャイ紅茶」は紅茶の茶葉とスパイス4種が入って100g1,296円。

オーガニックスパイスと紅茶の販売店。月に5回ほど開かれるインド料理教室は大人気だ。その食後にいただけるチャイのファンも多い。ミルクではなく豆乳を使った優しい味のチャイは、カルダモン、ジンジャー、シナモン、クローブが入り、ラストにサフランを添えて。ドライフルーツとも相性抜群だ。

〈N. HARVEST(エヌ・ハーベスト)〉
東京都杉並区松庵3-31-17
03-5941-3986
11:00〜19:00 月休

3.手軽なインド料理が楽しめる人気店のシンプルなチャイ。〈大岩食堂〉/西荻窪

【Hiroshi Suzuki’s Recommende d】お砂糖を入れるのもおすすめのシンプルな味
店主・大岩俊介さん

ワインとともに南インドのカレーが楽しめる、バルのようなカジュアルな雰囲気が人気の〈大岩食堂〉。インドの本格的な茶器で提供されるチャイは、アッサム茶葉に、カルダモン、ジンジャー、シナモン、クローブをミックスしたシンプルであっさりした味わい。400円。

〈大岩食堂〉
東京都杉並区西荻南3-24-1 西荻マイロード内
03-6913-6641
11:00〜14:30LO、18:00〜21:00(金土のみ)月休
14席

4.女性に優しいチャイは体を温めるジンジャーがたっぷり。〈SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)〉/新大久保

【Shunsuke Oiwa’s Recommended】スパイシーカレー後にぴったりのあっさりジンジャーのチャイ
店主・齊藤絵理さん

国内のカレー屋さんを食べ歩いたという齊藤絵理さんがひとりで切り盛りする〈魯珈〉。チャイに使うスパイスは、カルダモン、シナモン、クローブ、ブラックペッパー、ジンジャーだが、「女性に喜んでほしい」とジンジャー多め。体の芯から温めてくれる、寒い季節にはうれしい女性のためのチャイだ。300円。

〈SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)〉
東京都新宿区百人町1-24-7 シュミネビル1F
03-3367-7111
11:00〜15:00(火木〜14:00、17:00〜20:00)土日祝休
9席

おうちで楽しむなら!たっぷり作って長く楽しむ、自家製チャイブレンド。

インドの国民的な飲み物をおうちのカフェタイムで再現!!カレーを食べたあとはもちろん、体を温める時にもぴったりです。

【材料(作りやすい分量)】
・アッサムティーの茶葉…70g
・シナモンスティック…3本
・カルダモン、クローブ(ホール)…各7g

【作り方】

1.シナモンスティックは1cm角くらいに砕く。殻をむいたカルダモンの中の粒と、クローブを麵棒などで潰す。

2.保存瓶に1とアッサムティーの茶葉を入れてよく混ぜ合わせる。

「ホットチャイ」の作り方

鍋に水を100ml入れて沸かし、自家製チャイブレンドを大さじ1入れて弱火で2分ほど煮出し、牛乳150mlを加えて沸騰直前まで温める。好みで砂糖を加える。

【MEMO】

スパイスはホールを使うほうが香りが豊か!牛乳に直接茶葉を入れて煮出すと、茶葉が開きにくくなるので、一度湯で煮出すのを忘れずに。

(Hanako特別編集『私が知りたいお茶のこと、すべて。』掲載/photo : Mariko Tosa text : Miki Konno)