〈クックパッド〉広報の徳成祐衣さんが、愛してやまない餃子の絶品おうちレシピやとっておきのお店を紹介する連載。第22回は、池袋にある中華料理店〈永利(えいり)〉を紹介します。

中華料理店が多い池袋。多くのお店は本場の方が切り盛りしていて、安くておいしい!なかでも人気店である〈永利〉は餃子だけにとどまらず、おいしくてやみつきになってしまうメニューが多数なんです。

外観は至ってよくある雰囲気。この手の中華料理店って、何度通えば食べ尽くせるのかと思うほどのメニューの数ですよね。この中の数点しか食べていないのにも関わらず、おすすめのメニューとして紹介するのはなんだか恐縮ですが…。

まず欠かせないのが水餃子!〈永利〉は東北家庭料理店。水餃子はその地方の郷土料理だからおいしくないわけがないんです。水餃子用のモチモチとした皮に包まれていて絶品。いくつか種類がある中から、私は「白菜と豚肉の水餃子」をチョイス。うれしい一口サイズの餃子には、信じられないほどの肉汁が入っています。厚めの皮はもちっとした食感で、餡にはしっかり味が付いているので、そのまま食べても十分おいしい。お好みで黒酢を付けると、さっぱりいただけます。

餃子以外に何を頼もうか悩んでしまう方は、ぜひこちらの2品を試してほしい!1品目は「揚げナスの山椒塩かけ」。油と相性のいいナスがカリッさくっと揚げられ、山椒と唐辛子などの香辛料がまぶされています。食べ出したら止まらなくなるので、ビールの注文はお早めに!揚げたてを食べないと重くなってくるので、運ばれてきたらすぐに食べるのも、おいしくいたただくコツです。

2品目は「水煮魚片」という白身魚の煮込み。激しい辛さが伝わってくるビジュアルかと思いますが、食べてみるとそこまで辛くないのでご安心を。柔らかく煮込まれた白身魚は肉厚ジューシーで、こんなメニューは中華料理店でしか食べられないのでぜひ。私は食べ進めるうちにご飯が食べたくなってしまったので、追加注文してしまいました。

今回オーダーはしていませんが、〈永利〉にはもう1品有名なメニュー「東北醤大骨」があります。薄く肉の残った豚の背骨を、スパイスがたっぷり入ったタレで煮込んだ料理。ビニール手袋をはめて手づかみでかぶりつきます。一度食べたことがありますが、肉を食べるというより、骨をしゃぶると言ったほうが近いかも。大人数でわいわい食べれば、楽しくておいしい時間が過ごせるはずなので、ぜひこちらも頼んでみてくださいね。