〈ハイアット セントリック 金沢〉は、2020年8月にJR金沢駅 金沢港口(西口)のすぐそばに〈ハイアット ハウス 金沢〉と同時オープンした、フルサービス型のライフスタイルホテルブランドです。館内には金沢ゆかりのアーティストによる、100点以上のアート作品が展示されており、「ユネスコ創造都市・金沢」にふさわしい空間を演出。伝統工芸や歴史を反映しつつ、現代的なデザインを取り入れた素敵なホテルを紹介します。

金沢駅の前に二つのハイアットホテルブランドが同時にオープン!

〈ハイアット セントリック 金沢〉は、〈ハイアット ハウス 金沢〉と共に、ハイアットグループの北陸初進出として、2020年8月に2棟同時オープンしました。記念日やお祝いなど、特別な日に優雅なホテルステイを楽しみたい人に最適です。

金沢の伝統美が溢れだすアートの数々に囲まれて過ごす。

大森 慶宣氏の「Blue Rhythm」と小沢 敦志氏「野鍛冶の門冠」2つが合わさったアート。

〈ハイアット セントリック 金沢〉は、街全体が美術館のような金沢の生きた文化とそこに暮らす人の息づかいを感じながら過ごせます。
館内には、金沢に住んで学んだ作家による100点を超えるアートが至る所に展示され、エントランスには金箔を施したシンボリックなアートが鎮座。迫力ある金の松は、よく見るとスプーンやはさみ、お玉などを叩いたものを松に模られています。背景の青い色は犀川や浅野川から日本海へ流れ込む用水のようにもみえます。

エレベーターホールにも、金沢の古地図を下刷りした着物に錆で描かれた唐草模様が衣桁(いこう)にかけられています。こちらは染色作家である三尾瑠璃氏の作品「加賀国金沢の絵図」。

日本画家の栗原 由子氏が、岩絵具や雲肌麻紙で描いた「唐崎松図」。

金沢駅の『鼓門』の「鼓」の音に呼応して鳴る『笛』をイメージ。鼓と笛のみで「一調一管」を奏でホテルを訪れる人を歓迎。
エントランス前の照明も加賀梅鉢の形。
前田利家の赤い加賀梅鉢が置かれた場所に謎が潜んでいるそう。
金箔を伸ばす時に使われる皮には、三味線の胴に張る皮が再利用されており、その皮を使用して、雨に濡れる瓦屋根を表現したアート。
金沢のアーティスト高岡 愛氏による「Pliant Metal 2020 / Hyatt Centric Kanazawa Ver.」。
さりげなく置いてあるオブジェも武具を飾るための技術を活かして作られたもの。象朦朧銀「窓明」。
金沢の工芸と武芸を鼓舞した加賀獅子舞。
雲海 筆也氏による「百万石金沢」と力強く書かれた書。
客室フロアのエレベーター前にも、漆塗りの技術がアートに。ルームナンバーの下には、漆の色を調合する道具を展示するなど細部までアートが愉しめる。
パーティーから会議、展示会、催物など、さまざまな規模・形式のイベントに使える「イベントスペース」。
大きな窓から金沢駅西口をのぞむイベントスペースには有線、無線インターネット回線はじめプロジェクター、スクリーンなどの設備を完備。
開放感あふれる「イベントスペース」では、立食や正餐など好みや目的に合わせて利用できます。

金沢の茶屋街をイメージして造られたフロント&ロビー。

フロントとロビーは、金沢の茶屋街をイメージして造られ、虫籠(きむすこ)をイメージした壁や漆塗りのオブジェがさりげなく展示されています。ちょっぴり早く到着したら、ソファに腰を掛けて一休み。どこを向いても素敵な作品があり、いつでもアートと過ごせます。

「オールデイダイニング・FIVE - Grill & Lounge」内には、ケーキセットやスイーツを提供するラウンジも併設。
最上階の14階に位置する「RoofTerrace Bar」。
黒と赤のインテリアがシックな席も漆を塗る前の器物「木地」や漆器が入っていた箱などに囲まれている。
木地屋で未完成の器や役目を終えた箱などがアートになった壁面を眺めながら飲むクリエイティブなカクテルは格別。
金沢は空襲や戦争の被害に合わなかったため、美術工芸品が多く残っているそう。
手鏡やキセルなど1つ1つじっくり眺めたい。
今や貴重な鼈甲の櫛。
オープンエアのテラスに一歩踏み出せば金沢の街を一望できます。
明るいうちの撮影でしたが、夜はムーディーな雰囲気に。
「フィットネスジム」の壁には、金沢の古地図に金沢マラソンのルートが描かれています。ヨガマットやウェイトトレーニングなど備品完備、24時間アクセス可能です。
本格的に鍛えられるマシーンも!

街の今と過去を表現したアートが施されたゲストルーム。

雅やかな色が金沢らしいゲストルームのアートは、金沢の路傍に和紙を敷き、アスファルトのひび割れやマンホールを克明にかたどっています。道で子どもが下駄をはいて遊んでいる足跡など、現在とかつてあった風景を重ねたノスタルジックなアートです。

アートの色は『加賀五彩』のえんじ色と藍色の2色を起用。
栗原 由子氏の「加賀野菜図」。
九谷焼窯元「上出長右衛門窯」六代目、上出 惠悟氏の「甘焦」。
デラックスキングも広々。
プレミアムツイン。
足を伸ばして肩まで浸かれるバスタブ。
日本未入荷の「Bee Kind」のアメニティーも一式揃う。
ルームナンバープレートが「九谷焼」のお皿になっているなど遊び心あるアートも。

金沢の旬を食べ尽くす!オールデイダイニングのグリル料理に舌鼓。

世界を巡ったシェフが地元の食材を使ってクリエイティブな一品に仕上げる「オールデイダイニング・FIVE - Grill & Lounge」は、能登ポークや能登牛、日本海の新鮮な魚介など、北陸ならではの食材をふんだんに使用したグリル料理が自慢のレストランです。レストランの店内を彩るのは栗原 由子氏の「加賀野菜図」。加賀の野菜をモチーフにしたカラフルなアートは、食事中の雰囲気を盛り上げてくれます。

世界を巡ったシェフが地元の食材を使ってクリエイティブな一品に仕上げる「オールデイダイニング・FIVE - Grill & Lounge」は、能登ポークや能登牛、日本海の新鮮な魚介など、北陸ならではの食材をふんだんに使用したグリル料理が自慢です。そんな素敵なレストランで夕食を楽しみたいと思います。豊富なメニューの中から、五彩(irodori)をチョイス。ちょっぴり贅沢なディナーを楽しみます。

【五彩】(9,350円)

・「フランス産フォアグラのコンフィ アプリコットのピューレと鴨モモ肉とレンズ豆のゼリー寄せ」

・「トマトとスイカのガスパチョ 石川県産赤鳥賊のタルタル キュウリのゼリー トマトエスプーマ キャビア」

・「車鯛のソテームール貝のクリームフォーム サフラン風味 ポテトニョッキ」

・「能登牛サーロインのグリル 地中海風野菜とひよこ豆のパニス タブナード バーニャカウダとパセリピューレ塩漬けケッパーのフライ」

・「ピーチメルバ 桃のコンポート バニラアイスクリーム ラズべリーソース」

「フランス産フォアグラのコンフィ アプリコットのピューレ」と「鴨モモ肉とレンズ豆のゼリー寄せ」。
「トマトとスイカのガスパチョ 石川県産赤鳥賊のタルタル キュウリのゼリー トマトエスプーマ キャビア」。
「車鯛のソテームール貝のクリームフォーム サフラン風味 ポテトニョッキ」。
「能登牛サーロインのグリル 地中海風野菜とひよこ豆のパニス タブナード バーニャカウダとパセリピューレ 塩漬けケッパーのフライ」。
「ピーチメルバ 桃のコンポート バニラアイスクリーム ラズべリーソース」。
レモンを漬け込んだジンをソーダわりにした「K’sレモンサワー」。
涼しげなゼリー寄せはまるでアートのよう。
フランス産フォアグラのコンフィは、アプリコットのピューレとよく合う!
フランス産フォアグラのコンフィ をパンにつけて食べるとまた更に美味。
石川県のブランド牛も堪能。ヒヨコマメのパニス タブナードやバーニャカウダ、パセリピューレなどと合わせると更に味わい深くなる。
ガラスの器がカワイイデザートはフレッシュな桃のコンポートとバニラアイスがマッチ!

今回はコース料理をチョイスしましたが、気軽なアラカルトメニューも用意されています。世界を巡ったシェフの極上のグルメは必食です。

どれもみな味わいたくなる絶品メニューの数々を好きなだけ味わえる。

ディナーでご紹介した「FIVE - Grill & Lounge」は、朝食ブッフェの会場になります。朝も加賀野菜などの食材をふんだんに使用したお料理がズラリと並びます。

和食のメニューも充実。
ブッフェと共に作りたてのお料理もオーダーできます。

テーブルに置かれたメニューから、作りたてのお料理がオーダーできます。そのメニューの豊富さに朝から驚いてしまいます。

【卵料理】
・目玉焼き、ゆで卵、オムレツ、またはスクランブルエッグから選べます
・オムレツクラッシックセレクション(ハム、チーズ、玉ネギ、トマト、マッシュルーム、ベルペッパー)または、ローカルセレクション(能登スギヨ食品が開発したカニカマ、加賀レンコン)
・エッグベネディクト(グリルバゲット ほうれん草、サーモン、オランデーズソース、グリュイエールチーズ 、チャイブ)
・「和風ベネディクト」(ライスガレット、金平ごぼう、葱、味噌のオランデーズソース、かつお節)

【その他】
・「中華粥(プレーンまたは鶏肉入り)ゴマ、葱、ローストピーナッツ、ザーサイ」
・「能登ポークロース肉コンフィのグリル キャベツのマリネ 粒マスタード」
・「マンゴーパンケーキ バナナキャラメリゼ メープルシロップ サワークリーム ミント」

どれも食べたい料理ばかりで朝から大満足。休日の贅沢朝ごはんスポットとしてもオススメ!
「マンゴーパンケーキ バナナキャラメリゼ メープルシロップ サワークリーム ミント」。

1泊2日のステイでしたが、ゆったりとした客室やレストランのグルメなどが素晴らしく大満足。心の底から幸福感に包まれた2日間でした。金沢観光の拠点としても便利で、大切な記念日やお祝いはもちろん、ビジネスでの利用もにも向いていますのでぜひ。

〈ハイアット セントリック 金沢〉
石川県金沢市広岡1-5-2
076-256-1234
公式サイト
〈ハイアット ハウス 金沢〉については『自宅にいるような“寛ぎ”を体感!〈ハイアット ハウス 金沢〉にステイ。』でレポートしています。