OLの傍ら、趣味のゴルフに打ち込み「インスタゴルフ女子」として活躍!そんなOLゴルファー西野沙瑛と、ゴルフを始めるきっかけを与えてくれた徳永早希が「さきさえコンビ」でスタートしたゴルフ連載。第38回は私、西野沙瑛がお届けします。

ゴルフ国内旅行の夏の人気スポット・北海道。その魅力は、なんといっても広大な自然とおいしい食事!その2つが楽しめる、ゴルフ場とグランピング施設〈室蘭ゴルフ倶楽部〉がこの夏オープンしたので、早速行ってきました。

新千歳空港から車で1時間半、私はレンタカーで向かいました。到着後、まずはゴルフからスタート。北海道ゴルフは、海外のような「スループレー」(休憩を挟むことなく18ホールをプレーすること)が基本らしく、私も18ホール続けてプレーしました。ラウンド中にコース内にいる野生の鹿やキツネが見られて感動!

コースからは風力発電の風車が見え、普段行く関東のゴルフ場とは違う雰囲気が味わえました。また、北海道は洋芝で関東の芝とは性質が違うので、新しい経験ができて楽しかったです。7月前半でしたが、半袖やノースリーブだと少し肌寒かったので、真夏以外は上着を持っていくことをおすすめします。

ラウンド後はグランピングにチェックイン。なんとコースの真隣にテントが設置してあるんです。雪だるま形のテント内はかなり広く、おしゃれな家具が置いてあり、高級ホテルのクオリティでした。

そして1番楽しみにしていた夕飯は、北海道のおいしい食材を使ったフレンチコース。自分で調理するメニューもあるなど、作る楽しさを味わえるのもグランピングならでは。特にラムチョップが絶品でした!

翌日の朝食もとても豪華。たくさんの具材を熱々のパンに挟んでサンドイッチを作り食べました。

北海道はゴルフ以外にもたくさんの観光地や温泉があるので、今回はとても充実した旅行になりました!皆さんもぜひ、大自然の中でリフレッシュしに行ってみてください。