障がいのある方やご高齢の方など、さまざまな方たちがワイン造りに励む、山梨県勝沼のダイバーシティワイナリー〈ケアフィットファームワイナリー〉。7月から、自家農園の葡萄を100%使った新作ナチュラルワイン10種の販売をはじめました。“人と地域に優しいワイン”をお取り寄せして、社会への貢献につながるエシカル消費をしてみませんか?

勝沼のダイバーシティワイナリーから10種のワインが新発売。

障がい者就労支援事業所〈公益財団法人 日本ケアフィット共育機構〉が運営するダイバーシティワイナリー〈ケアフィットファームワイナリー〉は、日本の地場品種である「甲州」と「マスカット・ベーリーA」にこだわり、天然酵母を活用したナチュラルワインを1本1本手作りで醸造しています。

障がいのある方やご高齢の方などが一緒に働く〈ケアフィットファームワイナリー〉のワインを購入することにより、地域創成や、あらゆる人たちが共に働く社会づくりへとつながります。7月からは、丹精込めて収穫された葡萄が持つ、本来の甘みを最大限に生かした新作ナチュラルワイン10種類が登場。今回は、10種類のうち、注目の4種類をお取り寄せしてみました!

限定200本の希少な樽熟成赤ワイン「ToxicⅡ 2020」。

葡萄本来の味わいを生かした「ToxicⅡ 2020」2,640円(750ml)。

まずは、限定200本の希少なワイン「ToxicⅡ 2020 〜トシックⅡ 2020〜」。自家農園の「マスカット・ベーリーA」を100%使用し、天然酵母で発酵された赤ワインです。高級ワインに使用されることが多い「フレンチオーク樽」で熟成させ、酸化防止剤や砂糖を添加せず、無濾過の完全無添加で仕上げることで、葡萄本来の味を最大限に活かしています。

ちなみに、ワイン名の「Toxic(トシック)」は“中毒性がある”という意味の言葉。“中毒性があるくらい、また飲みたくなるワイン”という意味合いで名づけられたんだとか。また、造り手であるソムリエ・ワイン科学士の中根さんの思いが詰まった製法で造られた、2度目の作品になるため「Ⅱ」を付けているそうです。造り手のさまざまな思いが込められた渾身の1本なんですね。

ワインの色合いは、葡萄の果汁をそのまま注いだような赤紫色。そっと口にしてみると、勝沼の葡萄の凝縮した味わいが一気に押し寄せてきます。思わず「こんなに葡萄を感じられるんだ……」と感動。ほど良い渋味とコクを感じられ、葡萄本来の甘さのみを生かした、辛口ですっきりとした口当たり。

出汁のきいた軽めの煮込み料理や、塩・胡椒などでシンプルに味付けした豚肉や鶏肉料理と相性が良いそう。食材のおいしさを邪魔せず引き立てるため、お食事のお供にも最適です。限定200本なので、気になる人はお早めに!

美しい琥珀色のオレンジワイン「Kohaku2020」。

琥珀色が美しい「Kohaku2020」2,200円(750ml)。

次は、近年世界中で流行しているオレンジワインです。「甲州」を100%使用した「Kohaku2020 〜コハク2020〜」は、その名の通り、美しい琥珀色をしていることから名づけられたそうです。赤ワインと同じく、果汁と果皮、種を一緒にタンクに入れ、2週間天然酵母で発酵。その後、フレンチオーク樽で熟成・無濾過で仕上げられました。

オレンジワインは初めて飲んだ私。なんとなく色のイメージから甘めを想像していたのですが、こちらのワインは辛口なんです。渋味・コクのバランスが良く、白桃やアプリコット、天然のバニラのような香りが特徴。飲んだあとの余韻の長さも魅力で、葡萄の風味を長く楽しめます。

和食全般に合うほか、ワインには珍しい辛さ控えめの中華料理などにも合うそう。ぜひ一品作って一緒に楽しみたいですね。飲みやすいので、オレンジワインデビューにもどうぞ。

ルビーのような真紅の赤ワイン「Ruby 2020」。

まるで宝石のような「Ruby 2020」2,200円(750ml)。

まるでルビーのような色合いから、その名がつけられた赤ワイン「Ruby 2020〜ルビー 2020〜」。勝沼産「マスカット・ベーリーA」を100%使用し、色や味わいを濃くするために、果汁だけを抜く製法のセニエ法が用いられています。思わず見とれてしまう深みのある色のワインですね。

ストロベリーのような甘い香りで、時間の経過により天然のバニラのような香りも出てきます。甘い香りとやさしい口当たりで、飲んでいると自然に気持ちがやわらぐよう。風味の余韻を長く楽しめるのも魅力です。脂身の少ないさっぱりとしたお肉料理や煮込み料理、シンプルな味付けの肉料理に相性ぴったりなので、軽めの夜食と一緒に優雅な晩酌タイムを楽しめます。

爽やかな香りの樽熟成白ワイン「Koshu Barrel 2020」。

魚料理と楽しみたい「Koshu Barrel 2020」1,980円(750ml)。

最後は、勝沼産「甲州」100%使用の白ワイン「Koshu Barrel 2020 〜甲州バレル2020〜」。フレンチオーク樽で熟成させ、無濾過で仕上げられました。

特長は、和の柑橘であるカボスやカリンのような香りと、白い花の香り。時間の経過によりナッツのような香りも感じられます。すっきりとした味わいの中に、ほど良く甲州の苦味とコクがあり、余韻を長く楽しめるのが特徴。さっぱりとした味付けの白身魚や、天ぷらなどと相性が良いので、魚料理を味わう日に食卓に並べたい白ワインです。

さまざまなシーンで楽しみたい個性豊かなワイン。

今回ご紹介したナチュラルワインはどれも、葡萄本来の味わいが個性豊かに生かされているので、それぞれのお食事の相性に合わせて、シーンごとに飲み分けたいと思いました!〈ケアフィットファームワイナリー〉の新作ワインはほかにも個性が光るワインがそろっているので、ぜひお好みの味わいを見つけてみてくださいね。

10種類のナチュラルワインは、勝沼にある〈甲州市勝沼 ぶどうの丘〉の店頭、または〈ケアフィットファーム〉の楽天市場で購入できます。美味しいワインのお取り寄せも、社会貢献への第一歩です。

ワイン販売場所
〈ケアフィットファーム〉楽天市場
〈甲州市勝沼 ぶどうの丘〉店頭(山梨県甲州市勝沼町菱山5093)